Liga MX メキシコ1部リーグ 2019 後期

元リーベルのロヘリオ・フネス・モリがヒールシュート 試合はティグレスが追いつくも首位陥落

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第10節 モンテレイ 1-1 ティグレスUANL
▲ 81分に同点ゴールを決めたコロンビア代表FWルイス・キニョーネス(右)とともにパフォーマンスに興じるティグレスUANLのイレブン
3月8〜10日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2019 後期の第10節。モンテレイで行われた「モンテレイ×ティグレスUANL」は、ティグレスUANLが追いついて引き分けに持ち込んだ。

2位と首位の直接対決は国民の注目を集め、スタジアムはほぼ満員となった。ティグレスUANLは5分に左サイドからペナルティエリアに入ったエクアドル代表FWエネル・バレンシアがセルソ・オルティスと交錯して倒されたが、主審はPKを指示せず。対するモンテレイは17分にアルゼンチン代表FWロヘリオ・フネス・モリがゴールエリア付近でトラップしたボールをボレーシュートに持ち込んだが、キーパーに阻まれた。

互いにいくつものチャンスを作って迎えた34分、左サイドを崩したモンテレイはアルゼンチン人のコンビネーションで先制。ロヘリオ・フネス・モリとのワンツーでペナルティエリアの左側を上がったレオネル・バンジオーニがゴール前に折り返すと、ゴールに背を向けて左足でボールをトラップしたロヘリオ・フネス・モリが右足のヒールキックでゴール左隅にシュートを決めた。以降は、ハーフタイムを迎えるまでモンテレイが主導権を握った。

後半はティグレスUANLが盛り返し、攻め込む時間を増やしていった。モンテレイは随所に的確な守備をしてしのいでいたが、負ければ首位陥落となるティグレスUANLは81分にやっと追いついた。左サイドでボールを持ったコロンビア代表FWルイス・キニョーネスが緩急をつけたドリブルでペナルティエリアに入ってクロスを上げると、ボールは味方でなくゴールへ一直線。元リーベルの守護神マルセーロ・バロベーロはとっさに右手を伸ばしたが、ボールは手を弾いてゴールネットに突き刺さった。

勝ち点1を分け合う結果になり、ティグレスUANLが首位を守った。しかし翌日の試合でレオンが勝ったため、ティグレスUANLは2位に、モンテレイは3位にそれぞれ後退することとなった。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2019 後期 第10節 (2019/03/09)
モンテレイ 1-1 ティグレスUANL
マルセーロ・バロベーロ GK ナウエル・グスマン
ミゲル・ラジュン
ニコラス・サンチェス
セーサル・モンテス
レオネル・バンジオーニ
(アンヘル・サルディバル)
DF ルイス・ロドリゲス
フランシスコ・メサ
(ウーゴ・アジャラ)
カルロス・サルセード
カルロス・ロドリゲス
セルソ・オルティス
マキシミリアーノ・メサ
(アビレス・ウルタード)
MF ハファエウ・カリオカ
ギド・ピサーロ
ヘスス・ドゥエーニャス
ジュリアン・キニョーネス
ルイス・キニョーネス
ドルラン・パボン
(ホアン・バスケス)
ロヘリオ・フネス・モリ
ヘスス・ガジャルド
FW エネル・バレンシア
エドゥアルド・バルガス
()
ロヘリオ・フネス・モリ 34 ゴール 81 ルイス・キニョーネス
ドルラン・パボン
セーサル・モンテス
ロヘリオ・フネス・モリ
ニコラス・サンチェス
イエロー
カード
フランシスコ・メサ
ギド・ピサーロ
ルイス・キニョーネス
ディエゴ・アロンソ 監督 リカルド・フェレッティ
主審: セーサル・アルトゥーロ・ラモス・パラスエロス
会場: エスタディオ・BBVA・バンコメール (モンテレイ)
2019.03.09

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。