CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

つば吐き行為でフェリポンから突き放されていたデイベルソン 「今は反省している」と改心

非紳士的行為で謹慎していたデイベルソンが試合後のインタビューで反省と改心を明言
▲ 3月12日のリベルタドーレスでゴールを決めて自身の反省を復活をアピールしたデイベルソン
3月12日にサンパウロで行われたリベルタドーレス「パウメイラス vs FBCメルガール」はパウメイラスが 3-0 で勝利。この試合では、デイベルソンが久々の公式戦出場を果たし、フェリポン(ルイス・フェリッピ・スコラーリ監督)はスタメンで起用した。するとデイベルソンは70分にゴールを決めて、監督の起用に結果で応えた。

デイベルソンは2月2日に行われたコリンチャンスとのクラシコで、試合中にヒシャルジ(コリンチャンスのボランチ)につばを吐きかけてレッドカードを受けた。同選手の非紳士的行為についてはフェリポンも憤りを隠さず、同選手に対して改心しなければ試合に出さないと最後通告を出した。以降、デイベルソンはベンチにも入れず、なかば謹慎状態にあった。

そんなデイベルソンが約6週間ぶりのスタメン出場を果たしたのは、自身の愚行を反省して心を入れ替えたからだ。12日の試合後のインタビューで、デイベルソンは反省の弁を口にして、チームとサポーターに謝罪した。

「今日は試合に出させてもらえてゴールも決められてとても嬉しい。私が犯した過ちは、パウメイラスの名誉をひどく傷つけてしまった。私はとても気性が激しい男で、ときどき間違ったことをしてしまう。だが私は学び、今は反省している。パウメイラスとフェリポンに失礼なことをしたが、これからはチームと素晴らしいサポーターのために誠心誠意働くことを誓う。そして私のフィアンセや友人、家族にはこの間ずっと支えてもらったし、彼らを裏切らないためにも二度と同じ過ちは犯さないと肝に銘じているんだ」

アタッカンチとしての能力は申し分ないデイベルソン。精神的にも成長すれば、パウメイラスの攻撃力アップは間違いなさそうだ。

◆ デイベルソン

本名:
デイベルソン・ブルン・シウバ・アコスタ
生年月日:
1991年5月8日生まれ(26歳)
出身:
ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ州リオ・デ・ジャネイロ)
身長:
187cm
ポジション:
フォワード

地元のグレミオ・マンガラチベンシの下部組織から昇格して、2012年にはポルトガルの名門ベンフィカのBチームへ移籍。以降、レバンテやアラベスなどスペインのクラブチームを渡り歩いた。2017年7月からパウメイラスでプレイしている。

2019.03.12

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。