Superliga Argentina スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019

若手を積極的に試したリーベルは最終戦を飾れず ティグレが店の取り合いを制す

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第25節 リーベル・プレート 2-3 ティグレ
▲ リーベル・プレートは今季のリーグ最終戦を敗北で締めることとなった
4月5〜7日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナの2018-2019 の第25節。首都ブエノスアイレスで行われた「リーベル・プレート×ティグレ」は、ティグレが点の取り合いを制した。

ティグレは6分に相手のクリアボールをワルテル・モンティージョが右足でゴール右隅を狙ったが、シュートはポストをかすめて枠を逸れた。対するリーベルは17分、ペナルティエリアの右側にてフェイントを交えたドリブルで相手のマークを振り切ったラファエル・サントス・ボレーが左足でクロスを上げると、パラグアイ代表DFロベール・ロハスが頭で合わせて先制した。

ティグレは27分にルーカス・ハンソンが右足で強烈なシュートを打ったが、キーパーの左手とクロスバーに当たったボールはピッチの外へ流れた。それでも29分、アーリークロスをペナルティエリアでロベール・ロハスがクリアしたボールが相手へのアシストになり、ルーカス・ハンソンがヘディングでゴール左隅に流し込んだ。

リーベルは前半のうちに勝ち越そうと何度も攻めたが、チャンスで追加点は生まれなかった。

1-1 で迎えた後半、立ち上がりに攻め込んだのはティグレで、リーベルは最終ラインの奮闘もあってピンチを何度もしのぐ展開。するとリーベルは18歳や20歳の若手を次々に投入して、攻撃の活性化を図った。シーズンの最終戦で4位が決まっていることもあり、ガジャルド監督は若い才能を積極的に試した。

ティグレは77分に途中出場のファン・カバラーロがペナルティエリアに入って左足を振り抜いたが、キーパーが両手でクリア。それでも81分、ディエゴ・モラーレスがペナルティエリアの手前から右足でゴール左隅へ狙いすましたシュートを決めて、ティグレが逆転に成功した。

リーベルは86分にナウエル・ガジャルドが左サイドから上げたクロスで、ファーサイドからゴールエリアへ駆け込んだエルナン・ロペスが右足で合わせて同点とした。しかし試合はこれで終わらず、89分にドリブルでペナルティエリアの左側へ入ったファン・カバラーロがフェイントで右足に持ち替えたボールをゴールに蹴り入れて再び勝ち越し。そしてこれが決勝点となった。

4位でシーズンを終えたリーベルは、2020年のリベルタドーレスにグループリーグ予備戦から出場することとなった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2018-2019 第25節 (2019/04/07)
リーベル・プレート 2-3 ティグレ
ヘルマン・ルクス GK ゴンサーロ・マリネッリ
カミーロ・マジャーダ
ロベール・ロハス
ルーカス・マルティネス
ナウエル・ガジャルド
DF マルティン・ガルマリーニ
ヘラルド・アルコーバ
(ウーゴ・シルベイラ)
ネストル・モイラギ
ルーカス・ロドリゲス
サンティアゴ・ソーサ
レオナルド・ポンシオ
ホルヘ・カラスカル
(エルナン・ロペス)
シュリアン・アルバレス
クリスティアン・フェレイラ
(サンティアゴ・ベーラ)
MF アグスティン・カルドーソ
(ディエゴ・モラーレス)
ホルヘ・オルティス
(ファン・カバラーロ)
ルーカス・メノッシ
ワルテル・モンティージョ
ラファエル・サントス・ボレー
(ルーカス・ベルトラン)
FW ルーカス・ハンソン
フェデリコ・ゴンサーレス
ロベール・ロハス 17
エルナン・ロペス 86
ゴール 29 ルーカス・ハンソン
81 ディエゴ・モラーレス
89 ファン・カバラーロ
イエロー
カード
ルーカス・メノッシ
ウーゴ・シルベイラ
マルセーロ・ガジャルド 監督 ネストル・ゴロシート
主審: アンドレス・メルロス
会場: エル・モヌメンタル (ブエノスアイレス)
2019.04.07

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。