CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

終盤に先制したアトレチコ・パラナエンセ 3連勝で決勝トーナメント進出へ大きく前進

コンメボル・リベルタドーレス 2019 グループリーグ 第4節 アトレチコ・パラナエンセ 1-0 デポルテス・トリーマ
▲ 79分にミドルシュートを決めたブルーノ・ギマリャイス(中央)
4月9〜11日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ 第4節。ブラジルのクリチーバで行われた「アトレチコ・パラナエンセ×デポルテス・トリーマ」は、アトレチコ・パラナエンセが接戦を制した。

試合は5分にホニとニルソン・カストリジョンが交錯した場面を巡って、ピッチ上で小競り合いが勃発。カードは出なかったが、両者の闘志は立ち上がりからぶつかり合った。前半はアトレチコ・パラナエンセに分があったが、無得点でハーフタイムを迎えた。

後半、アトレチコ・パラナエンセは52分にビッグチャンスを作るも、右サイドからニコンが上げたクロスに反応してファーサイドをオーバラップしたヘナン・ロジのジャンピングボレーシュートは、キーパーの右手とクロスバーに当たってゴールラインを割れなかった。54分にはスルーパスで最終ラインの裏へ抜け出したホニがファーストタッチでキーパーを振り切ったが、角度のないところから蹴ったシュートは枠に飛ばずサイドネットを揺らすだけだった。

アトレチコ・パラナエンセは何度も相手のゴール前までボールを運んだが、詰めの甘い攻撃が続いた。75分には左サイドからの折り返しをホニがエンドライン際からクロスを上げて、キーパーが両手で弾いたところにマルセーロ・シリーノが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを超えてしまう。それでも79分、ブルーノ・ギマリャイスがゴールまで約25mの距離から右足を振り抜くと、セルヒオ・モスケーラの左脚に当たって少しだけ軌道が変わったボールがゴールに吸い込まれて、欲しかった先制点を得た。

アトレチコ・パラナエンセは3連勝で決勝トーナメント進出へ大きく前進。一方、デポルテス・トリーマは暫定3位と厳しい状況を強いられている。

コンメボル・リベルタドーレス 2019 グループリーグ 第4節 (2019/04/09)
アトレチコ・パラナエンセ
(ブラジル)
1-0 デポルテス・トリーマ
(コロンビア)
サントス GK アルバロ・モンテーロ
ジョナタン
チアゴ・エレーノ
レオ・ペレイラ
ヘナン・ロジ
DF ニルソン・カストリジョン
セルヒオ・モスケーラ
ジュリアン・キニョーネス
レイビン・バランタ
(カルロス・ロブレス)
カマーショ
ルイス・ゴンサーレス
(トマス・アンドラーデ)
ブルーノ・ギマリャイス
ニコン
(マルセーロ・シリーノ)
ホニ
MF ジェイソン・ゴルディージョ
(ディエゴ・バルデス)
ラファエル・カラスカル
ラリー・バスケス
(ファン・パブロ・バルガス)
ルイス・ゴンサーレス
アレックス・カストロ
マルコ・ルベン
(パウロ・アンドレ)
FW マルコ・ペレス
ブルーノ・ギマリャイス 79 ゴール
サントス イエロー
カード
ニルソン・カストリジョン
ラリー・バスケス
ラファエル・カラスカル
マルコ・ペレス
チアゴ・ヌーニス 監督 アルベルト・ガメーロ
主審: ヘスス・バレンスエーラ (ベネズエラ)
会場: アレーナ・ダ・バイシャーダ (クリチーバ)
2019.04.09

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。