CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

大規模停電の不安が続くベネズエラ リベルタドーレスの試合開始時刻も明るいうちに

グループリーグの第5節「デポルティーボ・ララ vs クルゼイロ」の試合を夜から夕方に変更
▲ 3月上旬にベネズエラ国内で発生した大規模停電は、4月現在も断続的に発生していて国の経済活動にも多大な影響を及ぼしている
CONMEBOL(南米サッカー連盟)は10日、リベルタドーレスのグループリーグ第5節「デポルティーボ・ララ vs クルゼイロ」のキックオフ時刻を21時半から17時に変更すると発表した。CONMEBOLはその理由を公式に発表していないが、ベネズエラ国内における深刻なインフラ事情によるものとみられる。

大統領が二人混在するなど政情不安が深刻なベネズエラでは、3月上旬に全国規模の停電が発生。マドゥーロ政権が人為的な妨害を原因とする声明を作為的に発表するなど、混乱に拍車をかけた。その結果、3月23日の週には国内リーグの試合がほぼ行われない異常事態に至った。

電力不足は根本的な解消に至っておらず、4月に入っても断続的に停電は起きている。そんなベネズエラの事情を踏まえて、CONMEBOLは同国内で開催されるリベルタドーレスの試合開始時刻を変更する措置に踏み切ったようだ。

両者の対決は、以前もベネズエラの政情不安を遠因として順延となっている。元々は第2節「クルゼイロ vs デポルティーボ・ララ」がブラジルのベロ・オリゾンチで3月14日に開催予定だったが、デポルティーボ・ララの御一行が搭乗する飛行機が空港の停電を理由に離陸できなかった結果、二度も順延して3月27日の開催となった経緯がある。

そうした経緯を踏まえて、クルゼイロは自分たちの安全を確保すべく専用のチャーター機を用意してララへ渡航するという。
2019.04.11

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。