Campeonato Carioca カンピオナート・カリオカ

ウルグアイ代表MFアラスカエータも板についてきたフラメンゴが連勝で2年ぶりの州選手権優勝

カンピオナート・カリオカ 2019 決勝 2nd.Leg フラメンゴ 2-0 バスコ・ダ・ガマ
▲ 15分に先制のゴールを決めたウィリアン・アロン(中央)に背後から抱きつくフラメンゴのイレブン
4月21日に行われたカンピオナート・カリオカの決勝 2nd.Leg。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「フラメンゴ×バスコ・ダ・ガマ」は、フラメンゴが勝利を収めて優勝した。

1st.Leg を 0-2 で落としているバスコは8分にマホーニがペナルティエリアに入って左足のハーフボレーでゴールを狙ったが、ボールはクロスバーの上を通過。対するフラメンゴは12分にヘネがロングシュートで反撃に出ると、15分に右サイドでのセットプレイから先制。ウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータがそばにいたパラに渡して、パラがボールを止めた上でアラスカエータがゴール前にクロスを上げることでタイミングをずらすと、ゴール前に上がったボールをウィリアン・アロンがヘディングでゴールに沈めた。

27分にガブリエウ・バルボーザが左サイドからペナルティエリアに入って股抜きパスでチャンスメイクしたフラメンゴに対し、バスコは32分にイアゴ・ピカシュウがペナルティエリアの手前から右足でゴールを狙ったが、キーパーの届かないコースに蹴ったボールはヘネが右足に当てて弾き返した。

▲ フラメンゴは2年ぶりの州選手権優勝を果たした
後半、フラメンゴは59分にカウンターで相手陣内を独走したガブリエウ・バルボーザが、ドリブルでキーパーを振り切って無人のゴールにシュートを決めたが、主審はVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の確認を経て、ガブリエウ・バルボーザのオフサイドを取ってゴールを取り消した。それでも82分にガブリエウ・バルボーザのスルーパスで相手陣内を駆け上がったビチーニョが、ペナルティアークから右足でゴールに流し込んで、フラメンゴが 2-0 とした。

バスコは85分にダニーロ・バルセロスが左足でフリーキックを放つも、壁を越えたボールはクロスバーに当たってしまう。そしてその2分後には退場者を出して、準優勝に終わった。

フラメンゴの州選手権優勝は、2年ぶり35度目。

カンピオナート・カリオカ 2019 決勝 2nd.Leg (2019/04/21)
フラメンゴ 2-0 バスコ・ダ・ガマ
ジエゴ・アウベス GK フェルナンド・ミゲウ
パラ
レオ・ドゥアルチ
ホドリーゴ・カイオ
ヘネ
DF ラウール・カセレス
(ブルーノ・セーザル)
ウェルレイ
レアンドロ・カスタン
ダニーロ・バルセロス
グスターボ・クエージャル
ウィリアン・アロン
ジエゴ
MF ハウー
ルーカス・ミネイロ
イアゴ・ピカシュウ
ルーカス・サントス
(マキシミリアーノ・ロペス)
ヤン・サッセ
(ヒバマール)
エベルトン・ヒベイロ
(リンコーン)
ガブリエウ・バルボーザ
(ホナウド)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(ビチーニョ)
FW マホーニ
ウィリアン・アロン 15
ビチーニョ 82
ゴール
ガブリエウ・バルボーザ
グスターボ・クエージャル
ジエゴ
イエロー
カード
マホーニ
レアンドロ・カスタン
ダニーロ・バルセロス
ハウー
ブルーノ・セーザル
レッド
カード
ウェルレイ
アベウ・ブラーガ 監督 アウベルト・バレンチン
主審: ホドリーゴ・カルバリャイス・ジ・ミランダ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.04.21

★リオ・デ・ジャネイロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。