Selecao Brasileira ブラジル代表

冗談? ひらめき? レビル・クウピ氏がこの時期にセレソンの新監督候補について持論を展開

セレッソ大阪&ガンバ大阪の元監督レビル・クウピ氏が述べたブラジル代表の次期監督候補
▲ サントスで手腕を振るっている元アルゼンチン代表監督のホルヘ・サンパオリ氏
かつてセレッソ大阪などでも監督を務めたレビル・クウピ氏が、ブラジル代表の次期監督に関する仰天発言をして話題になっている。

SPORTVのインタビューに応じたクウピ氏は、ブラジル代表の次期監督について次のように持論を展開して取材陣を驚かせた。

「私はセレソン(ブラジル代表)について確信していることがある。それは、セレソンの次の監督が誰になるかを知っているんだ。きっとね、サンパオリ氏になるだろう。彼は日々自転車でトレーニングをしているし、タトゥーもあるし、何より彼はアルゼンチン人だ」

元チリ代表監督で元アルゼンチン代表監督でもあるホルヘ・サンパオリ氏は、現在サントスの監督としてブラジルで手腕を振るっている。チーム作りもうまくいっていて、サントスでの仕事ぶりを評価する声は少なくない。レビル・クウピ氏も同様にサンパオリ率いるサントスに注目しているようで、前述の発言は経験豊富な名将ならではのひらめきもあるのではとみる向きもある。

▲ アルゼンチン人のサンパオリ氏がブラジル代表の次期監督であると口にしたレビル・クウピ氏
一方、当のクウピ氏は、今年のリベルタドーレスでアトレチコ・ミネイロをグループリーグに“導いた(?)”責任を取らされて更迭されて間もないが、同氏は“元職場”との間にわだかまりはないことを強調している。

「アトレチコ・ミネイロから(クビになる際に)不平を言われたことはない。実際私は結果を出せず、チームに迷惑をかけたからクビになったんだよ。それでも私はアトレチコ・ミネイロで仕事をさせてもらったことと、一緒に仕事した友人や仲間を決して忘れない。働いていたときは楽しい時間だったから、感謝しなければならないし、私は誰に対しても思うところはない」

◆ レビル・クウピ

生年月日:
1953年2月28日生まれ(65歳)
出身:
ブラジル(パラナ−州クリチーバ)
身長:
178cm
現役時代のポジション:
センターバック

現役時代はコリチーバ、ボタフォゴ、フィゲイレンセなどでプレイして、1986年から監督業を始めた。ブラジル以外では日本のJリーグでも監督経験があり、セレッソ大阪には3度就任して香川真司、乾貴士、清武弘嗣、南野拓実、柿谷曜一朗らを育てるなど、若手育成の評価がとりわけ高い名将としても知られる。

2019.05.08

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。