Seleccion Nacional de Chile チリ代表

コパ・アメリカ前回王者の秘策? バルディビアとバルガス ベテラン二人の代表復帰論が浮上

コロンビア人のレイナルド・ルエーダ監督が率いるチリ代表にまつわるベテラン選手復帰のエトセトラ
▲ 2015年までチリ代表として活躍した司令塔のホルヘ・バルディビアに代表復帰の話が出ている
コロンビアとホンジュラスの二重国籍を有する名将レイナルド・ルエーダ氏は現在、チリ代表の復活を託されている。チリ代表は2015年、2016年とコパ・アメリカを連覇したものの、2018年のワールドカップ・ロシア大会の南米予選で敗退している。南米王者復権を託されたのが、過去にコロンビアやエクアドルでA代表を指揮したレイナルド・ルエーダ氏だ。

過去にコロンビアとエクアドルを躍進させた名将にかかる重圧は小さくなく、今年のコパ・アメリカでは結果を出そうと息巻いているルエーダ監督。そんな同監督が頼りにしているとされる選手が、ベテランのホルヘ・バルディビアとエドゥアルド・バルガスの二人だ。

前者はパウメイラス(ブラジル)から古巣コロ・コロに戻っても目立った衰えはなく、安定した活躍をみせている。絵に描いたような典型的司令塔である点も、同監督はチリ代表復活のキーマンとして位置づけている。

他に同監督が戦力として計算しているのが、エドゥアルド・バルガスだ。2017年からメキシコのリーガMXに活躍の場を移しているストライカーは、2013年に期間限定で在籍していたグレミオでゴールを量産していて、ブラジルの水は合うタイプの選手。コパ・アメリカでルエーダ監督が活躍を期待するのも、自然の摂理といえるかもしれない。

バルディビアとバルガス、二人のベテランは報道の通りチリ代表に復帰するのか。

◆ ホルヘ・バルディビア

本名:
ホルヘ・ルイス・バルディビア・トロ
生年月日:
1983年10月19日生まれ(35歳)
出身:
チリ(マラカイ)
身長:
174cm
ポジション:
ミッドフィルダー

2002年に名門コロ・コロとプロ契約を交わすも、素行の悪さを理由にウニベルシダー・デ・コンセプシオンに貸し出される。2005年に所属先に復帰するとレギュラーを獲得し、2006年にはパウメイラス(ブラジル)へ完全移籍して活躍した。断続的に中東移籍をするも、2015年まで所属したパウメイラスでは典型的な司令塔タイプとして安定した活躍をみせた。2017年に中東から古巣コロ・コロに戻り、現役を続けている。2015年のコパ・アメリカを最後にチリ代表を引退したが、ここにきてチリ代表への復帰がささやかれている。

◆ エドゥアルド・バルガス

本名:
エドゥアルド・ヘスス・バルガス・ロハス
生年月日:
1989年11月20日生まれ(29歳)
出身:
チリ(レンカ)
身長:
174cm
ポジション:
フォワード

2006年にコブレロアの下部組織からトップチームに昇格すると、すぐに頭角を現す。2009年にウニベルシダー・デ・チレへ移籍すると、そこでも活躍して2012年にはナポリ(イタリア)へ渡ったが、翌2013年に期限付きで移籍したグレミオ(ブラジル)でのほうが活躍が目立った。2015年にホッフェンハイム(ドイツ)へ移籍したが、2017年から所属しているティグレスUANL(メキシコ)でのほうがより良い結果を残している。チリ代表。

2019.05.05

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。