Recopa Sudamericana レコパ・スダメリカーナ 2019

リーベルOBのマルコ・ルベンが決勝ゴール アトレチコ・パラナエンセは点差以上の内容で先勝

レコパ・スダメリカーナ 2019 1st.Leg アトレチコ・パラナエンセ 1-0 リーベル・プレート
▲ 25分に先制のゴールを決めて喜ぶマルコ・ルベン(中央)
前年のリベルタドーレス王者とスダメリカーナ王者とが対戦する「レコパ・スダメリカーナ」は、5月22日に 1st.Leg が行われた。ブラジルのクリチーバで行われた「アトレチコ・パラナエンセ×リーベル・プレート」は、アトレチコ・パラナエンセが先勝した。

アトレチコ・パラナエンセに所属する“ルチョ”ことルイス・ゴンサーレスとマルコ・ルベンにとっては古巣との対決となった一戦。アトレチコ・パラナエンセはキックオフから9秒後にルチョが中央をドリブルで進んでペナルティエリアの手前からシュートを打ち、積極性をみせた。15分にはニコンが飛び出したキーパーをドリブルで振り切り、マルコ・ルベンにはボールを渡せなかったがビッグチャンスを演出した。

序盤から優位に試合を進めたアトレチコ・パラナエンセは、24分に先制。ブルーノ・ギマリャイスのスルーパスで左サイドをオーバーラップしたヘナン・ロジがボールを折り返すと、ゴールエリア付近でトラップした元アルビレックス新潟のホニが相手を振り切ってゴールエリアにラストパスを出して、マルコ・ルベンのゴールをお膳立てした。

後半、アトレチコ・パラナエンセは55分に左サイドでセットプレイを得たが、ヘナン・ロジのフリーキックはキーパーが右手で外に弾き出した。60分にはニコンがペナルティエリアの手前から左足でゴールを脅かすシュートを放った。対するリーベルは65分に決定機を演出したが、左からのクロスがキーパーの手をかすめたものの、マティアス・スアーレスのヘディングシュートは頭頂部にかすっただけでファーサイドへ流れてしまった。

80分にはアトレチコ・パラナエンセのコーナーキックの際にホニがハビエル・ピノーラに押し倒されたが、コロンビア人主審はなぜかピノーラではなく傍にいたアルゼンチン代表DFミルトン・カスコにレッドカードを提示。当然カスコらは主審に抗議したが、謎のジャッジは覆らなかった。

内容を踏まえれば、アトレチコ・パラナエンセはもっと点を取れていた試合で、リーベルにとっては最少失点でしのいだことで次につながった形だ。2nd.Leg は、5月29日にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われる。

レコパ・スダメリカーナ 2019 1st.Leg (2019/05/22)
アトレチコ・パラナエンセ
(ブラジル)
1-0 リーベル・プレート
(アルゼンチン)
サントス GK フランコ・アルマーニ
ジョナタン
(マジソン)
パウロ・アンドレ
レオ・ペレイラ
ヘナン・ロジ
DF カミーロ・マジャーダ
(ファブリシオ・アンジレーリ)
ルーカス・マルティネス
ハビエル・ピノーラ
ミルトン・カスコ
ウェウリントン
(トニー・アンデルソン)
ルイス・ゴンサーレス
(レオ・シッタジーニ)
ニコン
ブルーノ・ギマリャイス
ホニ
MF エンソ・ペレス
エセキエル・パラシオス
(ブルーノ・スクリーニ)
イグナシオ・フェルナンデス
ニコラス・デ・ラ・クルス
マルコ・ルベン FW ルーカス・プラット
マティアス・スアーレス
(ラファエル・サントス・ボレー)
マルコ・ルベン 25 ゴール
パウロ・アンドレ
ウェウリントン
レオ・ペレイラ
イエロー
カード
ルーカス・マルティネス
マティアス・スアーレス
ファブリシオ・アンジレーリ
レッド
カード
ミルトン・カスコ
チアゴ・ヌーニス 監督 マルセーロ・ガジャルド
主審: ウィルマール・ロルダン (コロンビア)
会場: アレーナ・ダ・バイシャーダ (クリチーバ)
2019.05.22

★最新ニュースの一覧をチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。