Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

首位と最下位の対決は下馬評通り 堅実に勝利を収めたパウメイラスが首位でリーグ中断を迎える

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第9節 パウメイラス 2-0 アバイー
▲ 34分に先制のゴールを決めたデイベルソン(左)は味方の祝福を受ける
6月12〜13日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第9節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×アバイー」は、パウメイラスが堅実に勝利を収めた。

コパ・アメリカ開催によるリーグ中断前の一戦。勝って首位を守りたいパウメイラスは、12分にデイベルソンとのワンツーからゼ・ハファエウがシュートに持ち込むと、17分にはジオゴ・バルボーザが枠を捕らえる直接フリーキックを披露。直後のコーナーキックではエドゥ・ドラセーナがヘディングで合わせて、スタンドを湧かせた。すると31分に、右サイドからのアーリークロスで最終ラインの裏へ抜け出したデイベルソンが、飛び出したキーパーより先にボールに追いつき、飛びながら左足でボールを浮かせた。キーパーの頭上を越えて弧を描いたボールはそのままゴールに吸い込まれたが、線審が旗を上げて一旦はオフサイドとなった。だがVARとの確認を経て、オフサイドでなかったと把握した主審は、34分にデイベルソンのゴールを認定した。

後半も主導権を握ったパウメイラスは、65分にルーカス・リーマからのパスをペナルティアークの手前で受けたブルーノ・エンリーキが、右足でゴール左隅にミドルシュートを決めて 2-0 とした。

2点差としてからも相手に試合の流れを譲ることなく、手堅く勝ち点3を獲得。前日の結果でサントスが暫定首位に立ったが、パウメイラスが首位の座を堅守した。

試合後、マイクを向けられたドゥドゥは「中断前の順位を首位で終えることは、開幕からチーム全員で考えていたことだった。コパ・アメリカが終わればまた長いシーズンが待っているから、首位で中断期間を迎えられて満足している」と述べた。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第9節 (2019/06/13)
パウメイラス 2-0 アバイー
ウェベルトン GK ブラジミール
マルコス・ホッシャ
アントニオ・カルロス
エドゥ・ドラセーナ
ジオゴ・バルボーザ
DF ロウレンソ
ベトン
クンジ
イゴール・フェルナンジス
フェリッピ・メロ
ブルーノ・エンリーキ
(チアゴ・サントス)
ゼ・ハファエウ
ルーカス・リーマ
(モイゼス)
ドゥドゥ
(グスターボ・スカルパ)
MF マテウス・バルボーザ
ペドロ・カストロ
(ドウグラス)
ジュリーニョ
ジェジェ
(ダニエウ・アモーリン)
デイベルソン FW ジェトゥーリオ
(ジョアン・パウロ)
カイオ・パウリスタ
デイベルソン 34
ブルーノ・エンリーキ 65
ゴール
ルーカス・リーマ イエロー
カード
クンジ
ルイス・フェリッピ・スコラーリ 監督 ジェニーニョ
主審: マルセーロ・ジ・リーマ・エンリーキ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2019.06.13

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。