Seleccion Nacional de Uruguay ウルグアイ代表

かつてセレッソ大阪でもプレイした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが現役引退

元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが現役引退を表明
▲ 40歳で現役引退を表明した元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン (写真はインテルナシオナウにいた2013年2月のもの)
2010年のFIFAワールドカップ最優秀選手であり、セレッソ大阪(日本)でもプレイした元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが6日、現役引退を表明した。ウルグアイのテレビ番組に出演した際に、引退の意向を明らかにした。

フォルランは2018年5月に香港の傑志(キッチー)を退団して以降、1年以上無所属の身だった。フォルランは引退について、番組内で次のように述べている。

「(引退は)簡単な決断ではなかった。この瞬間が来てほしくない思いもありつつ、いつかはこの日が来ることも覚悟していた。いつか引退試合を開催ででるように計画中だよ」

フォルランは最近、今年引退したばかりの元アルゼンチン代表MFパブロ・ギニャスの引退試合に招待されたばかり。フォルランとギニャスは、2012年にインテルナシオナウ(ブラジル)でチームメイトだった。

マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)を初め、ビジャレアル(スペイン)、アトレティコ・マドリー(スペイン)、インテルナシオナウ、セレッソ大阪に果てはムンバイ・シティ(インド)と世界各国を渡り歩いたウルグアイサッカー界屈指のストライカーは、40歳でスパイクを脱ぐことを決断。引退後のキャリアについては、現時点で未定としている。

◆ ディエゴ・フォルラン

本名:
ディエゴ・フォルラン・コラーソ
生年月日:
1979年5月19日生まれ(40歳)
出身:
ウルグアイ(首都モンテビデオ)
身長:
180cm
ポジション:
フォワード

10代の前半はペニャロールなどの下部組織で実力を伸ばし、1997年にインデペンディエンテ(アルゼンチン)の下部組織からトップチームに昇格。そこでの活躍が買われて、2002年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した。2004年からはビジャレアルへ、そして2007年からはアトレティコ・マドリーでもゴールを量産して期待に応えた。その後はイタリアやブラジルを経て、2014年にセレッソ大阪に加入。翌年6月にセレッソを退団してからは、母国のペニャロールに復帰。以降、インドや香港などアジアのチームで選手生活を続けてきたが、2018年6月以降は無所属の身だった。元ウルグアイ代表。

2019.08.06

★ウルグアイ1部リーグをチェックしたい方はこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。