Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

守護神ウェベルトンのファインセーブ連発で勝ったパウメイラス 首位との勝ち点差は暫定で5に

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第30節 パウメイラス 1-0 セアラー
▲ 38分にベルジソンのPKを止めたブラジル代表GKウェベルトンは両手を挙げて喜ぶ
11月2〜3日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第30節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×セアラー」は、パウメイラスが接戦を制した。

5分に元ブラジル代表MFフェリッピ・メロがコーナーキックに頭で合わせて最初のチャンスを作ったパウメイラスは、16分に先制。右サイドをオーバーラップしてペナルティエリアのエンドライン際まで上がったマイキがグラウンダーのクロスを上げて、フェリッピ・メロがゴールエリアに飛び込むも相手にクリアされたが、セカンドボールをゼ・ハファエウが右足でゴールポストの内側に当てるシュートを決めた。

パウメイラスは、34分にドゥドゥが左サイドからシュートを打ったが、ボールはサイドネットへ。対するセアラーは37分に攻め込むと、ペナルティエリアでシコがビットル・ウーゴのスライディングで倒されると、主審はセアラーにPKを与えた。パラグアイ代表DFグスターボ・ゴメスは主審にVARチェックを求めたが、主審は抗議を受け入れず。ところが、ベルジソンのPKをブラジル代表GKウェベルトンがコースを読み切って阻み、パウメイラスは失点を免れた。

▲ 16分にゴールを決めたゼ・ハファエウ(中央)を祝福する元ブラジル代表MFフェリッピ・メロ(左)らパウメイラスのイレブン
後半、パウメイラスは55分にグスターボ・ゴメスがフリーキックに頭で合わせてゴールに押し込んだが、フリーキックの瞬間にオフサイドだったためノーゴールに。セアラーは63分にフェリッピ・バショーラがペナルティエリアの手前から右足でゴール左隅を狙ったが、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブでゴールを阻まれた。

パウメイラスは76分にグスターボ・ゴメスがコーナーキックに頭で合わせるも、ボールはポストを直撃。セアラーは79分に左サイドからのグラウンダーのクロスがファーサイドへ流れると、サムエウ・シャビエルが右足でシュートを打ったが、キーパーにゴールライン上で弾き返され、セアラーはまたしても決定的なチャンスを逸した。

この結果、勝ったパウメイラスは3連勝で首位フラメンゴとの勝ち点を暫定ながら5に縮めた。フラメンゴにとってはプレッシャーとなるに違いない。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第30節 (2019/11/02)
パウメイラス 1-0 セアラー
ウェベルトン GK ジオゴ・シウバ
マイキ
(ジェアン)
グスターボ・ゴメス
ビットル・ウーゴ
ジオゴ・バルボーザ
DF サムエウ・シャビエル
バウド
エドゥアルド・ブロッキ
クリストバン
フェリッピ・メロ
ブルーノ・エンリーキ
グスターボ・スカルパ
(ルーカス・リーマ)
MF アウレミール
(レアンドロ・カルバーリョ)
ペドロ・ケン
ファビーニョ
(ヒカルジーニョ)
フェリッピ・バショーラ
シコ
(チアゴ・ガリャルド)
ドゥドゥ
デイベルソン
(エンリーキ・ドウラード)
ゼ・ハファエウ
FW ベルジソン
ゼ・ハファエウ 16 ゴール
ビットル・ウーゴ
ウェベルトン
イエロー
カード
クリストバン
エドゥアルド・ブロッキ
マノ・メネーゼス 監督 アジウソン・バチスタ
主審: フェリッピ・リーマ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2019.11.02

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。