Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

逆転優勝を目指しているパウメイラス 4連勝を飾るもフラメンゴとの勝ち点差を縮められず

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第31節 バスコ・ダ・ガマ 1-2 パウメイラス
▲ 76分に決勝ゴールを決めたルイス・アドリアーノ
11月6〜7日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2019 の第31節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「バスコ・ダ・ガマ×パウメイラス」は、パウメイラスが競り勝った。

敵地に乗りこんだパウメイラスは、11分に先制。自陣からのフィードを右サイドでデイベルソンが中央に落とすと、マテウス・フェルナンジスがノートラップで前線へスルーパスを出し、ペナルティエリアでキーパーと1対1になったルーカス・リーマがシュート。一旦はキーパーに阻まれたが、こぼれ球が足元に戻ってくると、ルーカス・リーマはゴールエリアの手前でゴールを見ずに右足でシュートを決めた。

バスコ・ダ・ガマは18分、イアゴ・ピカシュウのスルーパスで右サイドからペナルティエリアに入ったホッシがグラウンダーのクロスを上げると、ゴールエリアに戻ってクリアを試みたマイキが右足で自陣ゴールにボールを流し込んでしまった。痛恨のクリアミスを犯したマイキは、頭を抱えてその場にうずくまった。

バスコは34分に相手の最終ラインにプレッシャーをかけた元コロンビア代表MFフレディ・グアリンがボールを奪い取ってキーパーと1対1になったが、右足で打ったシュートは前に出てきたキーパーに正面で弾き返された。

後半、パウメイラスは相手よりやや優勢を保って試合を進めると、76分に待望の追加点を奪取。ハファエウ・ベイガのロングシュートがペナルティアークで相手に当たり、ルーズボールをクリアしようとしたダニーロ・バルセロスが、蹴り足をルイス・アドリアーノの足に当てて転倒。バスコのイレブンは主審にルイス・アドリアーノのファウルを主張したが、ルイス・アドリアーノは足を動かしてダニーロ・バルセロスを倒したわけではないため、主審は笛を吹かなかった。するとボールを拾ってペナルティエリアで右に膨れたルイス・アドリアーノは、右足でゴールに流し込んで決勝ゴールを叩き出した。バスコのイレブンによる主張で主審はVARチェックを行ったが、ダニーロ・バルセロスへのファウルは確認されなかった。

バスコは85分にジャッジを巡って主審に暴言を吐いたレアンドロ・カスタンが退場処分になり、終盤に試合を壊してしまった。

敗れたバスコは12位に後退した一方、勝ったパウメイラスは勝ち点差8で引き続き首位フラメンゴを追いかけている。

カンピオナート・ブラジレイロ 2019 第31節 (2019/11/06)
バスコ・ダ・ガマ 1-2 パウメイラス
フェルナンド・ミゲウ GK フェルナンド・プラス
イアゴ・ピカシュウ
オスワルド・エンリケス
レアンドロ・カスタン
ダニーロ・バルセロス
DF マイキ
ルアン
グスターボ・ゴメス
ビクトル・ルイス
フェリッピ・バストス
ハウー
(クレイトン)
フレディ・グアリン
MF チアゴ・サントス
マテウス・フェルナンジス
ルーカス・リーマ
(ハファエウ・ベイガ)
ホッシ
ブルーノ・セーザル
(チアゴ・ヘイス)
マホーニ
(フェリッピ・フェヘイラ)
FW ゼ・ハファエウ
デイベルソン
(ルイス・アドリアーノ)
ウィリアン
(ドゥドゥ)
(オウンゴール) マイキ 18 ゴール 11 ルーカス・リーマ
76 ルイス・アドリアーノ
マホーニ
ダニーロ・バルセロス
オスワルド・エンリケス
ホッシ
フェリッピ・バストス
ブルーノ・セーザル
レアンドロ・カスタン
イエロー
カード
デイベルソン
マテウス・フェルナンジス
ゼ・ハファエウ
ルーカス・リーマ
レアンドロ・カスタン レッド
カード
バンデルレイ・ルシェンブルゴ 監督 マノ・メネーゼス
主審: ハファエウ・トラーシ
会場: エスタジオ・サン・ジャヌアーリオ (リオ・デ・ジャネイロ)
2019.11.06

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。