Campeonato Carioca リオ・デ・ジャネイロ州選手権

開始直後にジュリオ・セーザルが3人を抜いて先制 ボタフォゴが決勝へ

リオ・デ・ジャネイロ州選手権 前期グアナバーラ杯 準決勝 フラメンゴ 0-2 ボタフォゴ
▲ 開始直後に先制点を決めた左サイドバックのジュリオ・セーザル(手前)
3月2〜3日に行われたリオ・デ・ジャネイロ州選手権の前期グアナバーラ杯準決勝。エスタジオ・ド・エンジェニョンで行われたクラシコ「フラメンゴ×ボタフォゴ」は、試合開始直後と終了間際にそれぞれゴールを決めたボタフォゴが決勝に進出した。

前半の開始直後にいきなり試合が動いた。左サイドでボールをキープしたセードルフからのパスを受けたジュリオ・セーザルが、ペナルティエリアに向かってドリブルを開始。狭いスペースを2人、3人と抜いてペナルティエリアに入ると、4人目と5人目が詰め寄る直前に左足でシュートを打った。これがファーサイドのゴールポストに当たってゴールに入り、ボタフォゴが先制した。

▲ ボタフォゴを決勝まで導いた元鹿島アントラーズ監督のオズワウド・ジ・オリベイラ
先制ゴールのシーンを含めて前半はボタフォゴが何度もチャンスを作った。しかし後半に入るとフラメンゴも盛り返す。主に左サイドを起点に何度も相手ゴールに迫ったが、GKジェフェルソンの好守によって何度も同点の機会を逸す。
そしてボタフォゴの1点リードで迎えた後半のアディショナルタイム。セットプレイを得たフラメンゴは、GKフェリッピもがゴール前に上がるパワープレイに出るが、これがボタフォゴに追加点をもたらすこととなった。

92分、レオナルド・モウラのクロスをハファエウ・マルケスが頭で弾き返すと、左サイドでボールを拾ったガブリエウが再度ゴール前にクロス。しかしこれまたハファエウ・マルケスが頭で弾き返し、フラメンゴがもう一度前線に送ったクロスはGKジェフェルソンがキャッチした。このときGKフェリッピは相手陣内のペナルティエリア付近にいたため、フラメンゴのゴールはがら空き。するとジェフェルソンが左足でボールを大きく蹴り出して、左サイドに落ちたボールをガブリエウが追いかける。
▲ 後半のアディショナルタイム、GKフェリッピまでゴール前に上がってパワープレイに賭けたフラメンゴ
フラメンゴの選手2人が下がっていたのに対して、ボタフォゴは左サイドにガブリエウ、中央にビチーニョ、そして右サイドにはセードルフの3人が上がってきた。ガブリエウはトラップせず頭でピッチ中央にボールを送ると、ビチーニョが右足のボレーシュートをゴールに突き刺して勝利を決定づけた。

この結果、前期グアナバーラ杯の決勝は「バスコ・ダ・ガマ×ボタフォゴ」に決定。3月10日に優勝を賭けた一戦が行われることになった。

リオ・デ・ジャネイロ州選手権 2013 前期グアナバーラ杯 準決勝 (2013/03/03)
フラメンゴ 0-2 ボタフォゴ
フェリッピ GK ジェフェルソン
レオ・モウラ
ワラシ
マルコス・ゴンサーレス
ジョアン・パウロ
DF ルーカス
ボリーバ
ドリア
ジュリオ・セーザル
(アンドレ・バイーア)
ビクトル・カセレス
(ガブリエウ)
イブソン
エリーアス
(ホドウフォ)
カルロス・エドゥアルド
(ヘナット・アブレウ)
MF マルセーロ・マットス
フェリッピ・ガブリエウ
クラレンス・セードルフ
アンドレジーニョ
(ガブリエウ)
ロデイロ
(ビチーニョ)
ハフィーニャ
エルナーニ
FW ハファエウ・マルケス
ゴール 01 ジュリオ・セーザル
92 ビチーニョ
マルコス・ゴンサーレス
イブソン
ヘナット・アブレウ
ガブリエウ
イエロー
カード
ドリア
ルーカス
ロデイロ
ジェフェルソン
ガブリエウ
アンドレ・バイーア
ドリーバウ・ジュニオール 監督 オズワウド・ジ・オリベイラ
主審: グラジアーニ・マルセウ・ホッシャ
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2013.03.03

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。