Primera Division de Argentina アルゼンチン1部リーグ

誤審許さぬ監督の執念 ニューウェルスが価値ある1勝

アルゼンチン1部リーグ 2012-2013 後期 第6節 ニューウェルス・オールドボーイス 1-0 リーベル・プレート
▲ 35分に個人技で先制点を挙げたイグナシオ・スコッコを囲って喜ぶニューウェルスの選手たち
3月15〜18日に行われたアルゼンチン1部リーグの後期第6節。ロサリオで行われた「ニューウェルス・オールドボーイス×リーベル・プレート」は、ニューウェルスが接戦を制した。

上位同士の対戦となったこの試合は、35分にニューウェルスが先制。ラウール・ビジャルバが自陣から前線めがけてロングパスを送ると、イグナシオ・スコッコが最終ラインの裏に抜け出す。スコッコはトラップとヘディングでカバーに入ったアダルベルト・ロマンを抜き去ると、ペナルティエリアで右足を伸ばしてシュート。ボールは、飛び出してきたGKバロベーロの脇をすり抜けてゴールマウスに吸い込まれた。スコッコのスピードとセンスが生んだ技ありゴールだった。

80分に物議を醸すシーンが生じる。右からのコーナーキックを得たリーベルは、ニアサイドにいたロドリーゴ・フネス・モリがヘディング。これがファーサイドに流れるとカルロス・ルーナが倒れ込みながらゴールに押し込んだ。このときのルーナのプレイは、シュートでなく腕にボールを当ててのゴール。あからさまなハンドだったが、主審と線審は一時これをゴールと認識したためニューウェルス陣営は猛抗議した。
スコッコ、エインセなど選手はもちろん、ベンチからはヘラルド・マルティーノ監督が出てきての猛抗議。同監督は誤審許すまじと線審に詰め寄り、まるで選手の代弁を買って出るかのようにカルロス・ルーナのハンドを主張した。この騒動によってマルティーノ監督にレッドカードが出されたが、懸命な抗議の末にリーベルの同点ゴールは取り消された。

試合は1-0で終了。勝利を収めたニューウェルスはリーベルを抜いて順位を押し上げることに成功している。

アルゼンチン1部リーグ 2012-2013 後期 第6節 (2013/03/17)
ニューウェルス・オールドボーイス 1-0 リーベル・プレート
ナウエル・グスマン GK マルセーロ・バロベーロ
ガブリエル・エインセ
マルコス・カセレス
ミルトン・カスコ
サンティアゴ・ベルギーニ
DF ホナタン・ボッティネッリ
ガブリエル・メルカード
アダルベルト・ロマン
ビクトル・フィゲロア
パブロ・ペレス
(ディエゴ・マテオ)
ラウール・ビジャルバ
MF レオナルド・ポンシオ
レオネル・バンヒオーニ
カルロス・サンチェス
(ファン・マヌエル・イトゥルベ)
アリエル・ロハス
ルシアーノ・アベカシス
(ワルテル・アセベード)
マキミリアーノ・ロドリゲス
(パウロ・クルサード)
イグナシオ・スコッコ
マルティン・トンソ
(ファビアン・ムーニョス)
FW カルロス・ルーナ
ロドリーゴ・モーラ
(ロドリーゴ・フネス・モリ)
イグナシオ・スコッコ 35 ゴール
ビクトル・フィゲロア
パブロ・ペレス
イエロー
カード
アダルベルト・ロマン
レオナルド・ポンシオ
カルロス・ルーナ
レオネル・バンヒオーニ
ヘラルド・マルティーノ レッド
カード
ヘラルド・マルティーノ 監督 ラモン・ディアス
主審: ディエゴ・カバージョス
会場: エスタディオ・マルセーロ・ビエルサ (ロサリオ)
2013.03.17

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。