FIFA World Cup 2014 FIFAワールドカップ 2014 ブラジル大会 南米予選

標高に苦しめられたアルヘンティーナ 相手の猛攻をしのいで引き分け

FIFAワールドカップ南米予選 第12節 ボリビア 1-1 アルゼンチン
▲ 攻撃の起点としていつも通りの活躍をしたメッシだが、3,593mの標高には苦しめられた
2014年ブラジル大会の出場権を争うワールドカップ南米予選は、2013年3月26日に第12節が各地で行われた。ボリビアの首都ラ・パスで行われた「ボリビア×アルゼンチン」は、勝ち点1を分け合う結果となった。

標高3,593mの高地ラ・パスで、ボリビアがアルゼンチンに襲いかかった。
序盤から攻勢に出たボリビアは9分に味方のフィードで裏に抜け出したディエゴ・ベハラーノがシュートを放ち、相手ゴールを脅かす。カウンター主体で試合を運んだアルゼンチンは、19分にメッシ、ディ・マリアとつないだボールを最後はパラシオがフリーで右足を振り抜いたが、GKガラルサの身体を張ったセーブによってゴールを阻まれた。

均衡が破れたのは25分。サウセードからのパスで右に開いたチュマセーロがゴール前にクロスを上げると、マルセーロ・モレーノが頭で合わせてゴールにねじ込みボリビアが先制した。

失点を喫したアルゼンチンはメッシを起点にスピーディーな攻撃を展開すると、前半の終了間際に追いついた。44分、相手を引きつけたメッシが左サイドにスルーパスを出すと、オーバーラップしたクレメンテ・ロドリゲスが中央にクロスを供給。これをエベル・バネガがヘディングでゴールネットを揺らせた。

後半もボリビアが主導権を握ったが決定力を欠いて次の1点を奪えず、引き分けに終わった。

FIFAワールドカップ南米予選 第12節 (2013/03/26)
ボリビア 1-1 アルゼンチン
セルヒオ・ガラルサ GK セルヒオ・ロメーロ
エドワード・センテーノ
ロナルド・ラルデス
ルイス・グティエレス
DF ホセ・マリア・バサンタ
セバスティアン・ドミンゲス
ウーゴ・カンパニャーロ
クレメンテ・ロドリゲス
ルイス・グティエレス
ロニ・ヒメーネス
アレハンドロ・チュマセーロ
ディエゴ・ベハラーノ
ロナルド・ガルシア
(ファン・カルロス・アルセ)
MF ハビエル・マスチェラーノ
ヒノ・ペルッシ
アンヘル・ディ・マリア
(パブロ・ギニャス)
エベル・バネガ
(レオナルド・ポンシオ)
マルセーロ・モレーノ
カルロス・サウセード
FW ロドリーゴ・パラシオ
(フランコ・ディ・サント)
リオネル・メッシ
マルセーロ・モレーノ 25 ゴール 44 エベル・バネガ
ルイス・グティエレス
ロナルド・ラルデス
イエロー
カード
エベル・バネガ
ハビエル・マスチェラーノ
ハビエル・アスカルゴルタ 監督 アレハンドロ・サベーラ
主審: エンリケ・オッセス (チリ)
会場: エスタディオ・エルナンド・シレス (ラ・パス)
2013.03.26

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。