Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

名門フルミネンセの落日 昨年の優勝からわずか1年で2部降格

ブラジル全国選手権 第38節 バイーア 1-2 フルミネンセ
▲ 勝ったものの、コリチーバも勝ったため17位が確定。2部降格に肩を落とすフルミネンセのイレブン
12月7〜8日に行われたブラジル全国選手権の第38節。バイーア州の州都サウバドールで行われた「バイーア×フルミネンセ」は、1部残留を目指すフルミネンセが逆転勝利を収めた。だが同時刻に他会場でコリチーバが勝ったため、フルミネンセは17位が確定。2012年の優勝チームが1年で2部に降格するという悲劇に見舞われた。

現在も療養中の元ブラジル代表FWフレッジがスタンドから試合を見つめる中、フルミネンセは序盤から積極的に攻めていく。4分にハファエウ・ソービスがシュートを打つと、9分には味方のシュートのこぼれ球をワギネルがシュート。必勝の執念をみせた。
しかし最初にゴールネットを揺らしたのはバイーア。42分、前線の左側をドリブル突破したマルキーニョス・ガブリエウが中央に折り返したボールを、ウィリアン・バルビオが左足でゴールに沈めて先制した。

▲ 82分に逆転の決勝ゴールを決めたサムエウ
バイーアの1点リードで折り返した後半は、勝たなければならないフルミネンセが反撃に転じた。49分にハファエウ・ソービスがサイドネットを揺らすシュートを放つと、55分に追いつく。右サイドのスローインから相手のマークを振り切ったハファエウ・ソービスが、ペナルティエリアに入ったところでゴール前にグラウンダーのクロスを供給。このクロスにワギネルが右足で合わせてゴールネットを揺らした。
そして82分にはハファエウ・ソービスのフリーキックをサムエウが頭で合わせて逆転に成功。試合は 2-1 でフルミネンセが勝ち点3を獲得した。

▲ 右手で口元を押さえてピッチを見つめるフレッジ(左)
この勝利でフルミネンセは勝ち点でクリシューマと並び、得失点差でもクリシューマより上回ったが、勝利数が1つ及ばず16位に浮上することは叶わなかった。
2部降格を告げる無情のホイッスルが鳴り響くと、ハファエウ・ソービスはワギネルの胸で涙を流し、ねぎらいの言葉をかけに来たバイーアのフェルナンドンの優しい抱擁を受けていた。
スタンドでチームの残留を願っていたフレッジもまた、溢れ出る涙を両手でぬぐっていた。故障による長期離脱を余儀なくされて、チームに貢献できなかった悔しさを押し殺すことができなかったという。

ブラジル全国選手権 2013 第38節 (2013/12/08)
バイーア 1-2 フルミネンセ
マルセーロ・ロンバ GK ジエゴ・カバリエーリ
ファブリッシオ・ルーザ
デメルソン
チッチ
(フェイジョン)
ハウー
DF イゴール・ジュリアン
(サムエウ)
グン
レアンドロ・エウゼビオ
ウェウリントン・シウバ
ファエウ
ハファエウ・ミランダ
アンデルソン・タリスカ
MF エジーニョ
ジェアン
ワギネル
マルキーニョス・ガブリエウ
(ジオーニス)
フェルナンドン
ウィリアン・バルビオ
(ワンギレール)
FW ビロ・ビーロ
(ハフィーニャ)
ハファエウ・ソービス
ケネジ
(ホベルチ)
ウィリアン・バルビオ 42 ゴール 55 ワギネル
82 サムエウ
アンデルソン・タリスカ イエロー
カード
イゴール・ジュリアン
クリストボン・ボルジェス 監督 ドリーバウ・ジュニオール
主審: レアンドロ・ペドロ・ブアーデン
会場: アレーナ・フォンチ・ノーバ (サウバドール)
2013.12.08

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。