Copa Libertadores コパ・リベルタドーレス 2014

ロバトンのPKで勝ち越しに成功したスポルティン・クリスタルが先勝

コパ・リベルタドーレス 2014 グループリーグ予備戦 1st.Leg スポルティン・クリスタル 2-1 アトレチコ・パラナエンセ
▲ 60分に勝ち越しのPKを決めたカルロス・ロバトン(左から2人目)のもとに集まり、ゴールを喜び合うスポルティン・クリスタルのイレブン
2014年のコパ・リベルタドーレスは1月28日にグループリーグの予備戦が開幕。28日〜30日に 1st.Leg が行われた。ペルーの首都リマで行われた「スポルティン・クリスタル×アトレチコ・パラナエンセ」は、スポルティン・クリスタルが先勝した。

序盤から一進一退の攻防が繰り広げられた試合はスポルティン・クリスタルが先制。30分、前線に送られたボールをレギサモンが頭で前方に落とすと、イルベン・アビラがヘディングで前方に落としてドリブルを開始。スピードに乗ってペナルティエリアまで到達すると、左足でGKウェベルトンの股間を通すシュートを決めた。

スポルティン・クリスタルの1点リードで迎えた後半、アトレチコ・パラナエンセは53分にエデルソンが裏を通したスルーパスで左サイドを上がったナタナエウが、ペナルティエリアでカルカテーラにユニフォームを引っ張られて転倒。このファウルで得たPKをエデルソンが難なく決めて、アトレチコ・パラナエンセが同点とした。

ところがスポルティン・クリスタルは58分に、ペナルティエリアの左側でボールキープしたロバトンがドリブル突破を試みた瞬間マノエウに足を引っ掛けられて転倒。これで得たPKをロバトン自らがゴールに沈めて、スポルティン・クリスタルが再びリードした。ロバトンのPKが決まった瞬間、スタンドの一角ではインチャが発煙筒を炊いて狂喜乱舞する様子も見られた。

試合は1点差でスポルティン・クリスタルが制したが、次の 2nd.Leg はブラジルのクリチーバで行われる。アトレチコ・パラナエンセがホームで巻き返す可能性は、まだ残されている。

コパ・リベルタドーレス 2014 グループリーグ予備戦 1st.Leg (2014/01/29)
スポルティン・クリスタル
(ペルー)
2-1 アトレチコ・パラナエンセ
(ブラジル)
ディエゴ・ペニー GK ウェベルトン
アレクシス・コッシオ
マルコス・オルティス
マルコス・デルガード
ビクトル・ヨトゥン
DF パウリーニョ・ジーアス
マノエウ
クレベルソン
ナタナエウ
アダン・バルビン
ホルヘ・カスーロ
オラシオ・カルカテーラ
(パオロ・デ・ラ・アーサ)
カルロス・ロバトン
(マキシミリアーノ・ヌーニェス)
MF ダビ
ジョアン・パウロ
スエリトン
(ドウグラス・コウチーニョ)
ゼジーニョ
(フラン・メリダ)
イルベン・アビラ
レアンドロ・レギサモン
(ジュニオール・ロス)
FW エデルソン
マルセーロ・シリーノ
(ナタン)
イルベン・アビラ 30
(PK) カルロス・ロバトン 60
ゴール 54 エデルソン (PK)
ビクトル・ヨトゥン
オラシオ・カルカテーラ
イエロー
カード
ナタナエウ
ジョアン・パウロ
マノエウ
ドウグラス・コウチーニョ
ダニエル・アーメ 監督 ミゲル・アンヘル・ポルトゥガル
主審: エンリケ・オッセス (チリ)
会場: エスタディオ・ナシオナル (リマ)
2014.01.29

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。