Copa do Brasil 2014コパ・ド・ブラジウ 2014

リベルタドーレス優勝チーム同士の 1st.Leg はコリンチャンスが先勝

コパ・ド・ブラジウ 2014 準々決勝 1st.Leg コリンチャンス 2-0 アトレチコ・ミネイロ
▲ 24分にゴールを決めたペルー代表FWパオロ・ゲレーロ(9番)は、アシストしたヘナット・アウグストと抱擁で祝福し合う
10月1日に各地で行われたコパ・ド・ブラジウの準々決勝 1st.Leg 。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「コリンチャンス×アトレチコ・ミネイロ」は、コリンチャンスが先勝した。

2012年と2013年にそれぞれリベルタドーレスを優勝した“南米王者”同士の初戦。アトレチコ・ミネイロは10分にジエゴ・タルデッリのクロスをゴール前でトラップしたギリェルミがボレーシュートを打ったが、ゴールライン上でジウがヘディングでクリアしてゴールを死守した。

一方コリンチャンスは24分に先制。右サイドからヘナット・アウグストが上げたクロスをパオロ・ゲレーロがヘディングで合わせると、緩い弧を描いたボールはクロスバーに当たってゴールライン上に落下。そして再びクロスバーの下に当たると、今度は角度が変わってゴールラインを割った。

▲ 81分にゴールを決めたルシアーノ
後半、アトレチコ・ミネイロは68分に決定機を演出したが、ペナルティアークで放ったジエゴ・タルデッリのボレーシュートはクロスバーのはるか上を通過。そして79分には最終ラインの裏を突いたヘスス・ダトロがボレーシュートを打ったが、ニアサイドのゴールポストに嫌われて同点の機会を逸してしまう。

するとコリンチャンスは81分にセットプレイを得ると、パオロ・ゲレーロが頭でゴール前に送ったボールをルシアーノが無人のゴールに押し込んで勝利をたぐり寄せた。ゲレーロがヘディングする前にパンチングしようと飛び出してしまったGKビクトルの判断ミスも、コリンチャンスの2点目を生む要因であった。

コパ・ド・ブラジウ 2014 準々決勝 1st.Leg (2014/10/01)
コリンチャンス 2-0 アトレチコ・ミネイロ
カッシオ GK ビクトル
ファギネル
ジウ
アンデルソン・マルチンス
ファービオ・サントス
DF マルコス・ホッシャ
レオナルド・シウバ
(エジカルロス)
ジェメルソン
ドウグラス・サントス
ブルーノ・エンリーキ
エリーアス
ペトロス
ヘナット・アウグスト
(ダニーロ)
MF ジョズエ
レアンドロ・ドニゼッチ
ヘスス・ダトロ
ギリェルミ
(アンドレ)
マウコン
(ルシアーノ)
パオロ・ゲレーロ
(アンヘル・ロメーロ)
FW ジエゴ・タルデッリ
カルロス
(ルアン)
パオロ・ゲレーロ 24
ルシアーノ 81
ゴール
エリーアス
ペトロス
カッシオ
イエロー
カード
レオナルド・シウバ
ジョズエ
ルアン
マルコス・ホッシャ
マノ・メネーゼス 監督 レビル・クウピ
主審: ペリクレス・バッソウス・ペガード・コルチス
会場: アレーナ・コリンチャンス (サンパウロ)
2014.10.01

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。