Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

ジョルジーニョ招聘以降意地を見せた名門バスコ・ダ・ガマのセリエB降格が決定

ブラジル全国選手権 第38節 コリチーバ 0-0 バスコ・ダ・ガマ
▲ 元鹿島のジョルジーニョ氏はバスコ・ダ・ガマの1部残留を託されて8月16日に監督に就任。最終節まで粘り強く健闘したが、悲願は叶わなかった
12月6日に行われたブラジル全国選手権の第38節。パラナー州の州都クリチーバで行われた「コリチーバ×バスコ・ダ・ガマ」は、両者ともに決め手を欠いてスコアレスドローに終わった。この結果、バスコは18位が確定してセリエB(2部)降格となった。一方、コリチーバはセリエA(1部)残留を決めた。

残留のために勝利が最低条件のバスコは14分にネネが相手との競り合いを制してシュートを放ったが、飛び出したキーパーにシュートコースを塞がれてしまう。対するコリチーバは31分に中央突破から最後はエンリーキ・アウメイダが左足で合わせたが、シュートは枠を捕らえられなかった。

後半、バスコは49分にレアンドロ・シウバのチャージを受けたネネがペナルティエリアで倒されたが、主審はPKをとらず。バスコのベンチではコーチらが立ち上がって副審に抗議したが、ファウルは流された。

その後は両チームともに見せ場がなく、後半のアディショナルタイムにバスコはジョルジ・エンリーキの退場などで勝利の可能性を自らで潰してしまった。

バスコ・ダ・ガマはリオ・デ・ジャネイロ4大クラブ(フラメンゴ、フルミネンセ、ボタフォゴ、バスコ)の一角とされる名門だが、ブラジレイロンではここ数年低迷していてセリエAとセリエBを往来している。今季は元鹿島のジョルジーニョ氏を監督に招聘すると、チームは覚醒。ジョルジーニョ監督就任当時は勝ち点が13しかなかったバスコを、最終的には勝ち点41まで引き上げた。だがあと一歩及ばず、セリエA(1部)残留は叶わなかった。
元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノらを擁した1998年にはコパ・リベルタドーレスを制してトヨタカップにも出場したが、今のバスコにその面影は見られない。

ブラジル全国選手権 2015 第38節 (2015/12/06)
コリチーバ 0-0 バスコ・ダ・ガマ
ウィウソン GK マルティン・シルバ
レアンドロ・シウバ
ワリソン・マイア
ジュニーニョ
カルリーニョス
DF マジソン
ホドリーゴ
ルアン
ジュリオ・セーザル
アラン・サントス
(ハファエウ・マルケス)
ルイス・カセレス
(イカロ)
ファン
(チアゴ・ロペス)
MF セルジーニョ
ジギーニョ
(マテウス・ビタウ)
ブルーノ・ガロ
(レアンドロン)
ネネ
ネゲーバ
エンリーキ・アウメイダ
クレーベル
FW ドゥビエル・リアスコス
(ハファエウ・シウバ)
ジョルジ・エンリーキ
ゴール
ネゲーバ イエロー
カード
レッド
カード
ジョルジ・エンリーキ
パシェキーニョ 監督 ジョルジーニョ
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: エスタジオ・コウト・ペレイラ (クリチーバ)
2015.12.06

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。