Campeonato Brasileiro Serie A 2016ブラジル全国選手権 1部 2016

1994年以来22年ぶり5度目の戴冠 ガブリエウ・ジェズス擁するパウメイラスがリーグ優勝

カンピオナート・ブラジレイロ 第37節 パウメイラス 1-0 シャペコエンセ
▲ 1994年以来22年ぶり5度目の優勝を果たしたパウメイラス
11月26〜28日に行われた2016年のカンピオナート・ブラジレイロ 第37節。サンパウロ州の州都サンパウロで行われた「パウメイラス×シャペコエンセ」は、パウメイラスが接戦を制した。この結果、パウメイラスは最終節を待たずに優勝が決定した。

優勝に王手がかかっている一戦ともあって、アレーナ・パウメイラスのスタンドは満員御礼。大観衆の後押しを受けて戦ったパウメイラスは、25分にセットプレイから先制した。右サイドでのフリーキックを元ブラジル代表MFゼ・ホベルトがペナルティエリアに向けてグラウンダーのパスを出すと、ガブリエウ・ジェズスがスルーしてモイゼスがペナルティアークでヒールパス。そしてボールがペナルティエリアに入ったところで、ファビアーノが右足のアウトサイドで浮かせると、ループシュートのような軌道を描いてゴール左隅に吸い込まれた。

今季終了後にマンチェスター・シティへの移籍が決まっているブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスは、29分にカウンターを仕掛けてゴールポストをかすめる鋭いシュートを放つと、43分にはスルーパスで最終ラインの裏へ抜け出してシュートを放ったが、相手の好守によってゴールネットを揺らせなかった。

2位につけていたサントスの結果に関係なく、引き分け以上で優勝が決まるパウメイラスのベンチでは、85分を過ぎるとベンチから控え選手が立ち上がって早くもお祭りムード。そして試合終了のホイッスルが鳴り響くと、スタジアムは大歓声に包まれた。

パウメイラスのブラジレイロン優勝は、1994年以来22年ぶり5度目。(ブラジレイロンの前身であるタッサ・ブラジウ時代の優勝を含めると、9度目)

カンピオナート・ブラジレイロ 2016 第37節 (2016/11/27)
パウメイラス 1-0 シャペコエンセ
ジャイウソン
(フェルナンド・プラス)
GK ダニーロ
ファビアーノ
(ガブリエウ)
エドゥ・ドラセーナ
ビットル・ウーゴ
ゼ・ホベルト
DF ジメーニス
マルセーロ
フィリッピ・マシャード
アラン・フシェウ
チェ・チェ
(チアゴ・サントス)
ジェアン
モイゼス
MF マテウス・ビテーコ
セルジオ・マノエウ
クレーベル・サンターナ
(ジウ)
ドゥドゥ
ガブリエウ・ジェズス
ホージェル・ゲージス
FW チアギーニョ
(アリトン・カネーラ)
ブルーノ・ハンジェウ
(ケンペス)
ルーカス・ゴメス
ファビアーノ 25 ゴール
ファビアーノ イエロー
カード
マルセーロ
ブルーノ・ハンジェウ
クッカ 監督 カイオ・ジュニオール
主審: アンデルソン・ダロンコ
会場: アレーナ・パウメイラス (サンパウロ)
2016.11.27

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。