Campeonato Brasileiro Serie A 2016ブラジル全国選手権 1部 2016

ガラタサライやマンチェスター・シティなどで活躍したエラーノが引退 今後は指導者の道に

元ブラジル代表MFエラーノが2016年限りで現役を引退
▲ 最終節の試合終了後、サントスのチームメイトから労いの胴上げをされる元ブラジル代表MFエラーノ。35歳でピッチを去ることになった
2016年のカンピオナート・ブラジレイロ (愛称:ブラジレイロン) の全日程が終了した12月11日、サントスに所属する元ブラジル代表MFエラーノが現役を引退した。「サントス vs アメリカ・ミネイロ」の試合終了後には、ピッチでチームメイトに胴上げされるエラーノの姿があった。

エラーノは1981年生まれの35歳。サントスの下部組織からトップチームに昇格した2001年からの4年間は、ジエゴやホビーニョ、ヘナットらとともにサントスの黄金期を築いた。2005年シャフタール・ドネツク(ウクライナ)へ移籍すると、2007年からの2年間はマンチェスター・シティ(イングランド)でも活躍した。2011年にガラタサライ(トルコ)を退団してからは、母国ブラジルのクラブチームで選手生活を続けていた。そして、ブラジル代表としても51試合に出場した経歴を持つ。

80分にブラジル代表MFルーカス・リーマとの交替で、14分間出場したエラーノの背中には「 11 ARTHUR MAIA 」の文字が。先の墜落事故の犠牲になった元川崎フロンターレのアルトゥール・マイアを追悼するユニフォームを身につけて、エラーノは現役最後の公式戦を全うした。そして試合後には、16年間の現役生活を労ってチームメイトから胴上げされたエラーノ。南米だけでなく欧州やインドでも活躍したベテランは、引退後はサントスのアシスタントコーチに就任することが決まっている。いずれは指導者(監督)の道も検討しているとのこと。

なお、試合は元ブラジル代表FWヒカルド・オリベイラのヘディングシュートが決勝点となって、サントスが勝利を収めている。サントスは来年のリベルタドーレスにグループリーグから参戦する。

2016.12.11

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。