Campeonato Brasileiro Serie A 2017ブラジル全国選手権 1部 2017

レアンドロ・ダミアンのゴールなどでフラメンゴが勝利 ダリオ・コンカは移籍後初出場

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第7節 フラメンゴ 2-0 ポンチ・プレッタ
▲ 前半のアディショナルタイムに先制のヘディングシュートを決めたヘーベル(中央)と、スタンドに向かって両手を突き上げる元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアン(右)
6月14〜15日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第7節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×ポンチ・プレッタ」は、フラメンゴが勝利を収めた。

怪我を治して第4節から戦列に復帰している元ブラジル代表MFジエゴに加えて、長らく負傷療養中の身であった元U-20アルゼンチン代表MFダリオ・コンカが移籍後初めて公式戦出場を果たした試合。真っ赤に染まったスタンドからの声援を受けて、フラメンゴは立ち上がりから何度もチャンスを作っていく。19分には16歳の新星ビニシウス・ジュニオールが右サイドから上げた低めのクロスにレアンドロ・ダミアンが頭で合わせたが、キーパーが弾き返した。

フラメンゴは前半のアディショナルタイムに入ってコーナーキックを得ると、ジエゴが上げたボールをヘーベルがヘディングでゴールに沈めて、ハーフタイムに入る直前に先制した。

▲ 1月の加入以降、長らく負傷療養中だった元U-20アルゼンチン代表MFダリオ・コンカは、終盤に10分だけ出場した
後半、ポンチ・プレッタは開始から元ガンバ大阪のFWリンスを投入したが、積極的な攻撃も相手の堅い守備を崩しきれない。するとフラメンゴは、58分に右サイドへ開いたビニシウス・ジュニオールがクロスを上げると、ニアに飛び込んだ元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンがヘディングでゴールに叩きつけて追加点を奪った。

フラメンゴは82分にダリオ・コンカを投入。コンカのプレイ時間は10分だけだったが、積極的にシュートを打つ場面もあり、さらにコンディションを上げていけばフルミネンセ時代と遜色ない活躍をみせそうな雰囲気を醸し出していた。

この勝利によって、フラメンゴは暫定10位まで浮上している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第7節 (2017/06/14)
フラメンゴ 2-0 ポンチ・プレッタ
チアゴ GK アラーニャ
ホジネイ
ヘーベル
ハファエウ・バス
ヘネ
DF ニノ・パライーバ
マルロン
カドゥ
ジョアン・ルーカス
マルシオ・アラウージョ
グスターボ・クエージャル
ジエゴ
(ダリオ・コンカ)
MF ナウド
エウトン
レオ・アルトゥール
(ジャジソン)
ヘナット・カジャ
(クラウジーニョ)
ビニシウス・ジュニオール
(パラ)
レアンドロ・ダミアン
(フェリッピ・ビゼウ)
エベルトン
FW ルッカ
ネゲーバ
(リンス)
ヘーベル 45
レアンドロ・ダミアン 58
ゴール
ビニシウス・ジュニオール
マルシオ・アラウージョ
イエロー
カード
ネゲーバ
ニノ・パライーバ
ゼ・ヒカルド 監督 ジウソン・クレイナ
主審: ヒカルド・マルケス・ヒベイロ
会場: エスタジオ・ルーゾ・ブラジレイロ (リオ・デ・ジャネイロ)
2017.06.14

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。