Campeonato Cariocaカンピオナート・カリオカ

フルミネンセがリオ杯優勝 マルコス・ジュニオールはまたもお得意の“かめはめ波”を披露

カンピオナート・カリオカ 2018 リオ杯 決勝 フルミネンセ 3-0 ボタフォゴ
▲ ゴールを決めて“かめはめ波”のポーズを披露するマルコス・ジュニオール(右)
3月25日に行われたカンピオナート・カリオカのリオ杯 決勝。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「フルミネンセ×ボタフォゴ」は、フルミネンセが快勝してタイトルを手にした。

例年、グアナバーラ杯とリオ杯に分かれて行われているカンピオナート・カリオカは今年、総合優勝を決める準決勝と決勝が設けられた。そこへ弾みをつける意味でもタイトルが欲しい両者の対決は、フルミネンセの攻撃力が真価を発揮した90分になった。

ボタフォゴはキックオフ直後にマルコス・ビニシウスのシュートで攻撃の口火を切ったが、フルミネンセは12分に中央の狭いところでショートパスをつないで相手の最終ラインを崩すと、最後はペドロが右足でゴールに沈めて先制した。

ボタフォゴは、あわやゴールと思わせる決定機を何度も作った。しかし、フルミネンセの守護神ジュリオ・セーザルが失点を許さなかった。

エンドの替わった後半、フルミネンセは試合の流れを変えようと積極的に攻めると、56分にペドロが胸でつないだボールをマルコス・ジュニオールが右足でゴールに押し込んだ。ゴールを決めた25歳のマルコス・ジュニオールは、カメラ目線でドラゴンボールの“かめはめ波”を模倣したポーズで、ドラゴンボール好きを全身でアピールした。

後半のアディショナルタイムにも追加点を重ねたフルミネンセは、リオ杯のタイトルを獲得。そしてこの日戦った両者を含め、フラメンゴ、バスコ・ダ・ガマの4強がシーズン王者を決める戦いに臨むことになった。

カンピオナート・カリオカ 2018 リオ杯 決勝 (2018/03/25)
フルミネンセ 3-0 ボタフォゴ
ジュリオ・セーザル GK ジェフェルソン
ヘナット・シャビス
グン
イバーニェス
ジウベルト
(レオ)
DF マルシーニョ
(ルイス・ヒカルド)
マルセーロ・ベネベヌート
イゴール・ハベーロ
モイゼス
ヒシャルジ
ジャジソン
ジュニオール・ソルノーサ
(ドウグラス)
アイルトン・ルーカス
MF ホドリーゴ・リンドーゾ
マルセーロ
(ホドリーゴ・ピンポン)
マルコス・ビニシウス
(ヘナチーニョ)
ルイス・フェルナンド
レオナルド・バレンシア
マルコス・ジュニオール
(パブロ・ジエゴ)
ペドロ
FW ブレーネル
ペドロ 12
マルコス・ジュニオール 56
ジャジソン 90+1
ゴール
マルコス・ジュニオール
ヒシャルジ
イエロー
カード
マルセーロ
モイゼス
ホドリーゴ・リンドーゾ
アベウ・ブラーガ 監督 アウベルト・バレンチン
主審: ブルーノ・アルレウ・ジ・アラウージョ
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2018.03.25

★リオ・デ・ジャネイロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。