Seleção Brasileiraブラジル代表

ペレ氏の指南 ドイツ戦で思い出すべきは「ミネイロンの惨劇」ではなく「横浜でのW杯優勝」

ブラジルサッカー界のレジェンドである元ブラジル代表FWペレ氏が推奨する「思い出すべきドイツ戦」
▲ 2002年の日韓ワールドカップで優勝し、ゴールを決めたホナウドと笑顔で抱き合うペレ氏 (写真は2002年に横浜で撮影されたもの)
2014年のブラジル大会準決勝でのドイツ戦大敗(いわゆる「ミネイロンの惨劇」)は、世界中のサッカーファンにとっても鮮烈な出来事だった。そして両者の対決が実現した今月の親善試合では、主にピッチの外でミネイロンの惨劇が話題になったり揶揄するコメントが乱発。だがそんな風潮を変えようと尽力している男がいる。“サッカーの王様”こと元ブラジル代表FWペレ氏だ。

77歳のペレ氏はドイツとの親善試合に先立ち、自身の twitter アカウントで、セレソン・ブラジレイラに彼なりのエールを送った。そこに、「ミネイロンの惨劇」に関する記述は一切なかった。
「今日のドイツ戦では、ブラジルに幸運を。思い出すのは、ホナウドがワールドカップのトロフィーをブラジルに持ち帰ってくれた2002年の決勝戦だ。ドイツとの対戦は、2002年のワールドカップ優勝を思い出せるんだ」

ペレ氏の主張の裏には、ミネイロンの惨劇を思い出して気分が落ち込みがちなブラジル国民に向けて、落胆せぬようとする配慮がある。嫌なことはさっさと忘れて、素晴らしい記憶だけを蘇らせてポジティブにいることの重要性も説いているようでもある。

そんなペレ氏の指南も後押ししたのか、27日にベルリンで行われた親善試合で、ブラジルはドイツを 1-0 で退けた。

2018.03.27

★ワールドカップ南米予選の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。