CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2019

敵地に乗り込んで2点を先攻したエメレック リードを守りきって決勝トーナメント進出にリーチ

コンメボル・リベルタドーレス 2019 グループリーグ 第5節 ウラカン 1-2 エメレック
▲ ゴールを決めた選手に駆け寄って手荒い祝福をするエメレックのイレブン
4月23〜25日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ 第5節。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われた「ウラカン×エメレック」は、エメレックがリードを守りきって勝利を収めた。

勝たないと敗退が決まってしまうウラカンは積極的に攻め込み、コーナーキックから何度も相手ゴールを脅かしたが、枠を捕らえたシュートはことごとくキーパーに弾き返されてしまう。するとピンチをしのいだエメレックは、34分に左からのコーナーキックにジョルダン・ハイメが頭で合わせて先制した。

ウラカンは前半の終了間際にコーナーキックのこぼれ球を拾って右サイドからクロスを入れ直したが、ゴール前で叩きつけたサウール・サルセードのヘディングシュートはキーパーに正面でキャッチされた。後半も71分にセットプレイからパラグアイ代表FWルーカス・バリオスが頭で合わせるも、このシュートは枠を逸れた。

チャンスをものにできないウラカンとは対照的に、エメレックは72分に追加点を奪取。左サイドでフェルナンド・ゲレーロとのワンツーでペナルティエリアの左側に達したオルヘル・マタモロスが、フェイントで一旦溜めを作った上で右足で中央へパスを出すと、ブライアン・アングーロが左足で合わせてゴール右隅にボールを流し込んだ。

ウラカンは後半のアディショナルタイムに1点を返したものの、時すでに遅し。敗れたウラカンは3連敗でグループリーグ敗退が決定。一方、敵地で勝ったエメレックは2位に浮上して、次節勝てば自力で決勝トーナメント進出の権利を得られる状況にしている。

コンメボル・リベルタドーレス 2019 グループリーグ 第5節 (2019/04/23)
ウラカン
(アルゼンチン)
1-2 エメレック
(エクアドル)
フェルナンド・ペレグリーノ GK エステバン・ドレー
パブロ・アルバレス
(パトリシオ・トランソ)
サウール・サルセード
ルーカス・メロージャ
オマール・アルデレーテ
DF ロマーリオ・カイセード
ジョルダン・ハイメ
レアンドロ・ベガ
ゴルマン・エスタシオ
ファン・シリス
ワルテル・ペレス
ノルベルト・ブリアスコ
(ルーカス・バリオス)
アンドレス・ロア
ルーカス・ガンバ
MF ニコラス・ケイロス
(マルロン・メヒーア)
ディクソン・アロージョ
ブライアン・カベーサス
ジョエル・ロペス・ピサーノ
(オルヘル・マタモロス)
フェルナンド・ゲレーロ
アンドレス・チャベス FW ブライアン・アングーロ
(ガブリエル・コルテス)
ルーカス・ガンバ 90+5 ゴール 34 ジョルダン・ハイメ
72 ブライアン・アングーロ

イエロー
カード
ジョエル・ロペス・ピサーノ
ゴルマン・エスタシオ
アントニオ・モハメ 監督 ボリーバル・ベーラ
主審: アルナルド・サマニエーゴ (パラグアイ)
会場: エスタディオ・トマス・アドルフォ・ドゥコー (ブエノスアイレス)
2019.04.23

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。