Campeonato Brasileiro Serie A 2019ブラジル全国選手権 1部 2019

2000年代にセレソンの最終ラインを支えたファンが40歳で現役引退 マラカナンで胴上げされる

元ブラジル代表DFファンがブラジレイロンの開幕戦を最後に現役を引退
▲ ブラジレイロン開幕戦の試合後にチームメイトから胴上げされる元ブラジル代表DFファン
2000年代にセレソン不動のセンターバックであった元ブラジル代表DFファンが、27日のクルゼイロ戦を最後に現役を引退した。試合終了後には、チームメイトから胴上げをされて労いを受けた。

ファンが今年のブラジレイロン開幕戦を現役最終戦にすることは以前から決まっていて、この日は 3-1 でフラメンゴがリードして迎えた後半のアディショナルタイムに入ってすぐのところで、エベルトン・ヒベイロに代わって投入。ファンは約6分間だけ、マラカナンのピッチでプレイした。そしてタイムアップの笛が鳴ると、選手やスタッフらがファンの元に集まって、選手生活を終えるファンを胴上げで祝福した。

胴上げを終えたファンは、マスコミの取材に応じて次のように述べた。
「現役最終戦で、理想的な形で試合に出させてもらえて、そしてチームメイトからもサポーターからも労いの言葉をいただいてとても満足している。私は今日の特別な夜をいつまでも忘れることはないだろう。最も好きなこと(サッカー選手)をやめる決断は難しいことだったが、今日を引退の日にしたことは正しかったと確信している。引退後は少し静養して、それから勉強してピッチの外でチームをサポートする仕事を始めるよ」

引退するファンには、すでにフラメンゴから管理職就任の要請があって、本人はそれを快諾したという。引退後もファンはフラメンゴで働き続けることが決まっている。

地元リオ・デ・ジャネイロ出身のファンは、父親の影響で物心がついたころからフラメンギスタ(フラメンゴのサポーター)だった。そして10歳で入団したフラメンゴの下部組織時代に、遠近を問わず練習場や試合会場にいつも連れて行ってくれたのは母親だった。ファンは「父のおかげでフラメンギスタに、母のおかげでフラメンゴの選手になれた」とも明かした。

ファンの引退を受けて、マラカナンには下部組織時代からの親友である元ブラジル代表GKジュリオ・セーザル氏がピッチに登場。セレソンでも長くともにプレイした元守護神は、引退する親友に労いの言葉を贈った。
「本当は別の形でお疲れ様と伝えたかったんだけどね。長く戦ってくれば、どうしても年齢とケガに悩まされる。私より1つ年上で、私より1年長く現役を続けたことを心から尊敬している。そんなファンの引退試合を、フラメンゴは素晴らしい内容で勝ってくれた。勝利で引退できるなんて完璧だと思う。若い頃からずっと仲良しで、それは今後も変わらない。我々は永遠の友達だ」

◆ ファン

本名:
ファン・シウベイラ・ドス・サントス
生年月日:
1979年2月1日生まれ(40歳)
出身:
ブラジル(リオ・デ・ジャネイロ州リオ・デ・ジャネイロ)
身長:
183cm
ポジション:
センターバック

10歳でフラメンゴの下部組織に入団して、1996年に17歳でトップチームに昇格するとすぐレギュラーに定着、2002年の日韓ワールドカップ後にバイヤー・レバークーゼン(ドイツ)へ移籍して最終ラインを統率すると、2007年から2012年まで加入したローマ(イタリア)でも安定した活躍をみせた。2012年に33歳で母国へ戻り、インテルナシオナウでも活躍。2016年からは古巣フラメンゴに復帰していた。元ブラジル代表。

2019.04.27

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。