CONMEBOL Libertadores コンメボル・リベルタドーレス 2020

ボカ愛の強いレアンドロ・パレーデス 欧州での活躍よりもボカでのリベルタドーレス優勝を重視

アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレーデスの希望する自身のキャリアの今後
▲ ボカでリベルタドーレスを優勝したいとする願望を明かしたアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレーデス (写真は2013年当時のもの)
アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレーデスのボカ愛は強い。パリ・サンジェルマンで活躍する今も、同選手にはボカでのキャリアを刻むことへの情熱を抱いている。

ボカの下部組織育ちであるパレーデスは、2014年に期限付きでキエーヴォに移籍した頃から、ボカに戻りたい願望を常に持ち続けていたという。パレーデスが口を開いた。

「パリ・サンジェルマンでチャンピオンズリーグを優勝することや、バロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を得ることよりも、ボカに戻ってリベルタドーレスを優勝することのほうを重視しているんだ」

パレーデスは当面の間は欧州での選手生活を続けるとしながらも、ゆくゆくはボカに戻ることへの願望も明言している。ただし、ボカへの復帰時期については明言していない。

パレーデスがパリ・サンジェルマンとの交わしている契約期間は2023年6月までで、違約金は約6千万ユーロ(日本円で約73億円)とも報じられている。

パレーデスがボカを離れたのは21歳。古巣への愛が失われていない同選手は、いつボカに復帰するのか。

◆ レアンドロ・パレーデス

本名:
レアンドロ・ダニエル・パレーデス
生年月日:
1994年6月29日生まれ(25歳)
出身:
アルゼンチン(ブエノスアイレス州サン・フスト)
身長:
180cm
ポジション:
ボランチ

ボカ・ジュニオルスの下部組織出身で、2010年に15歳でトップチームに昇格。2012-2013シーズンからレギュラーの座をつかむと、2014年にはローマ(イタリア)に渡り、2017年にはゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)に活躍の場を映し、2019年からはパリ・サンジェルマン(フランス)で活躍中。アルゼンチン代表。

2019.12.13

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。