Superliga Argentina 2019-2020スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020

後半に逆転 “ナチョ”のゴールなどでリーベルが首位を堅守 優勝に向けて残りはあと4試合

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第19節 ウニオン 1-2 リーベル・プレート
▲ 65分に逆転の決勝ゴールを決めたパラグアイ代表DFロベール・ロハス(右から3人目)を抱擁で祝福するハビエル・ピノーラ(右から2人目)らリーベル・プレートのイレブン
2月7〜10日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 の第19節。サンタフェで行われた「ウニオン×リーベル・プレート」は、リーベルが逆転勝利を収めた。

ウニオンは7分に自陣でのバックパスをキーパーが後逸して、あやうくオウンゴールになりそうになるハプニングを起こした。20分にはワルテル・ボウが前線で粘って最後はエセキエル・ボニファシオが右足のハーフボレーで合わせたが、枠を捕らえたシュートはキーパーにキャッチされた。前半のアディショナルタイムにはワルテル・ボウのボレーシュートがキーパーとボウに当たってゴールへと転がったが、ゴールライン上でフランコ・カルデロンがクリアして事なきを得た。

0-0 で折り返した後半。ウニオンは立ち上がりに左サイドからフェデリコ・ミロが間接フリーキックを上げると、ワルテル・ボウがダイビングヘッドでゴールに沈めて先制した。

だがウニオンのリードは長続きせず、55分にスルーパスの勢いをヒールキックで弱らせたマティアス・スアーレスがペナルティエリアの左側から折り返すと、イグナシオ・フェルナンデスがヘディングでゴールに押し込み同点。そして65分にはコロンビア代表MFファン・フェルナンド・キンテーロが低めのコーナーキックを上げると、ゴールエリアで待ち構えていたパラグアイ代表DFロベール・ロハスが頭で合わせて逆転に成功した。

ウニオンは68分に途中出場のフランコ・トロヤンスキが左から折り返されたボールに左足で合わせたが、シュートは相手の足に当たると緩い弧を描いてクロスバーに当たって同点とはならなかった。

勝ったリーベルは、2位ボカとの勝ち点3差を保って首位を堅守した。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第19節 (2020/02/09)
ウニオン 1-2 リーベル・プレート
セバスティアン・モジャーノ GK フランコ・アルマーニ
フランシスコ・ヘロメッタ
(フランコ・トロヤンスキ)
ブライアン・ブラーシ
フランコ・カルデロン
クラウディオ・コルバラン
DF ゴンサーロ・モンティエル
ルーカス・マルティネス・クアルタ
(ファン・フェルナンド・キンテーロ)
ロベール・ロハス
ハビエル・ピノーラ
ミルトン・カスコ
ハリル・エリーアス
ハビエル・メンデス
エセキエル・ボニファシオ
フェデリコ・ミロ
MF エンソ・ペレス
イグナシオ・フェルナンデス
ニコラス・デ・ラ・クルス
(クリスティアン・フェレイラ)
マルセーロ・カブレーラ
(ガブリエル・カラバハル)
ワルテル・ボウ
(ニコラス・マッソーラ)
FW マティアス・スアーレス
ラファエル・サントス・ボレー
(イグナシオ・スコッコ)
ワルテル・ボウ 47 ゴール 55 イグナシオ・フェルナンデス
65 ロベール・ロハス
ブライアン・ブラーシ イエロー
カード
ルーカス・マルティネス・クアルタ
ラファエル・サントス・ボレー
ファン・フェルナンド・キンテーロ
レオナルド・メデロン 監督 マルセーロ・ガジャルド
主審: ファクンド・テージョ
会場: エスタディオ・15・デ・アブリル (サンタフェ)
2020.02.09

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。