Campeonato Cariocaカンピオナート・カリオカ

圧倒的に攻め込んだフラメンゴ “ガビゴウ”ことガブリエウ・バルボーザのハットトリックなどで快勝

カンピオナート・カリオカ 2020 リオ杯 第1節 カボフリエンセ 1-4 フラメンゴ
▲ 後半にハットトリックを達成したブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ。蓄えてグレーに染めていたあごひげは剃られている
2月28日〜3月1日に行われたカンピオナート・カリオカのリオ杯第1節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「カボフリエンセ×フラメンゴ」は、ブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザのハットトリックなどでフラメンゴが快勝した。

試合は、フラメンゴが12分に先制。ペドロ・ホッシャのスルーパスでペナルティエリアへ駆け上がったガブリエウ・バルボーザが右足でクロスを上げると、ミシャエウが体ごとゴールに滑り込んだ。しかしカボフリエンセは23分に左からのクロスをペナルティアークでトラップしたガマが、右足ボレーでゴールネットを揺らして同点とした。

前半に主導権を握っていたフラメンゴは、後半も引き続き攻め込む。すると63分に右サイドからペナルティエリアに入ったミシャエウが最終ラインを引きつけてボールをペナルティエリアの手前に戻すと、ガブリエウ・バルボーザが得意の左足でゴールに蹴り込んで、勝ち越しに成功した。

攻撃の手を緩めないフラメンゴは、76分にジエゴのスルーパスでペナルティエリアに入ったガブリエウ・バルボーザが、右足でゴールに流し込んで 3-1 とすると、88分にはジエゴのパスが相手に当たるも、右サイドでトラップして前進したガブリエウ・バルボーザが左足でゴールに沈めて、ガブリエウ・バルボーザはハットトリックを達成した。

ブラジル代表FWブルーノ・エンリーキを負傷で欠いているが、攻撃力に不安はないフラメンゴ。次節の相手は、本田圭佑のデビューが噂されるボタフォゴだ。

カンピオナート・カリオカ 2020 リオ杯 第1節 (2020/02/29)
カボフリエンセ 1-4 フラメンゴ
ジョージ GK セーザル
ビクトル・ソウザ
(マギノ)
ルーカス・クーニャ
ジェルソン・ガウジーノ
ギリェルミ
DF ジョアン・ルーカス
(オルランド・ベリーオ)
トゥーレル
マテウス・ダンタス
(チアゴ・マイア)
ヘネ
ビクトル・フェイトーザ
ガマ
レオ・アキーノ
(マルクス・インジオ)
ペドリーニョ・メネーゼス
(ハファエウ・ペルナン)
MF ウィリアン・アロン
ジエゴ
ビチーニョ
ヒンコン
フェリッピ・アドン
FW ペドロ・ホッシャ
(ペドロ)
ガブリエウ・バルボーザ
ミシャエウ
ガマ 23 ゴール 12 ミシャエウ
63 ガブリエウ・バルボーザ
76 ガブリエウ・バルボーザ
88 ガブリエウ・バルボーザ
ビクトル・ソウザ
ビクトル・フェイトーザ
イエロー
カード
トゥーレル
ヘネ
ペドロ
ルシアーノ・クアドロス 監督 ジョルジ・ジェズス
主審: アレシャンドレ・バルガス・ジ・ジェズス
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.02.29

★リオ・デ・ジャネイロ州選手権の試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。