Superliga Argentina 2019-2020スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020

ヒムナシア・ラ・プラタが連勝で今季6勝目 マラドーナ監督は試合中は冷や冷や、試合後は笑顔

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第22節 ヒムナシア・ラ・プラタ 1-0 アトレティコ・トゥクマン
▲ 勝利を収めて安堵の表情を浮かべるディエゴ・マラドーナ監督(右)
2月28日〜3月2日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 の第22節。ラ・プラタで行われた「ヒムナシア・ラ・プラタ×アトレティコ・トゥクマン」は、ヒムナシア・ラ・プラタが接戦を制した。

ディエゴ・マラドーナ監督率いるヒムナシアは立ち上がりから攻撃的に出て、11分にはカウンターでパブロ・クアドラが左からのクロスに右足ボレーで合わせたが決まらず、同監督が両手で顔を覆って残念がる姿も映された。16分には右からのクロスにマティアス・ガルシアが頭で合わせたが、枠を捕らえたシュートはキーパーによって押し出された。ヒムナシアは前半に作ったチャンスをものにできず、マラドーナ監督の落胆の回数もチャンスと同じだけ見られた。

ヒムナシアの攻撃が実を結んだのは後半。54分に相手のクリアボールを拾って攻撃を組み立て直し、アリンソン・マンシージャがペナルティエリアの左側へボールを浮かせると、胸でトラップしたマティアス・ガルシアが角度のないところから左足を振り抜いてゴールに突き刺した。先制点が決まると、マラドーナ監督はベンチ前でスタッフらと抱き合って喜んだ。

アトレティコ・トゥクマンは67分にセットプレイからヘディングでつないで相手ゴールを脅かしたが、寸前でクリアされる。対するヒムナシアは76分に速攻でペナルティエリアに達したマティアス・ガルシアがシュートに持ち込んだが、ここは決まらず。すると79分にさほど悪質でないファウルによって2枚目のイエローカードをもらったマティアス・メルーソが退場になってしまう。マラドーナ監督はベンチ前で立ち上がって両手の人差し指を振り、ジャッジに抗議したが判定は変わらず。退場したメルーソは、悔しさから目に涙を浮かべた。

数的不利になっても守備の集中を切らさなかったヒムナシアは、今季6勝目を挙げて暫定19位に浮上した。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第22節 (2020/02/29)
ヒムナシア・ラ・プラタ 1-0 アトレティコ・トゥクマン
ホルヘ・ブロウン GK クリスティアン・ルケッティ
マキシミリアーノ・カイレ
パオロ・ゴルツ
マキシミリアーノ・コロネル
マティアス・メルーソ
DF マルセーロ・オルティス
ギジェルモ・オルティス
ジョナタン・カブラル
ファビアン・モンソン
(マティアス・アルスティーサ)
ビクトル・アジャラ
アリンソン・マンシージャ
パブロ・クアドラ
(マキシミリアーノ・コンバ)
マティアス・ガルシア
MF フェデリコ・ブラーボ
アリエル・ロハス
(ニコラス・アギーレ)
ギジェルモ・アコスタ
(ラミーロ・カレーラ)
レオナルド・エレーディア
マティアス・ペレス
(ルーカス・リヒト)
レアンドロ・コンティン
(ホセ・パラデーラ)
FW ルーカス・メラーノ
ハビエル・トレード
マティアス・ガルシア 54 ゴール
マティアス・メルーソ
レアンドロ・コンティン
イエロー
カード
ギジェルモ・オルティス
ジョナタン・カブラル
マルセーロ・オルティス
マティアス・メルーソ レッド
カード
ディエゴ・マラドーナ 監督 リカルド・シエリンスキ
主審: ダリオ・エレーラ
会場: エスタディオ・ファン・カルメーロ・セリージョ (ラ・プラタ)
2020.02.29

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。