Superliga Argentina 2019-2020スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020

敵地で快勝したベレスが3位でフィニッシュ ガブリエル・エインセ監督はこの試合を最後に辞任へ

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第23節 ウニオン 0-3 ベレス・サルスフィエール
▲ 21分に先制のゴールを決めたルーカス・ハンソン(左)と笑顔でハイタッチするガブリエル・エインセ監督
3月6〜9日に行われたスーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 の第23節。サンタフェで行われた「ウニオン×ベレス・サルスフィエール」は、ガブリエル・エインセ監督率いるベレスが敵地で快勝した。

ベレスの先制点は21分。ウニオンが最終ラインでボールを回していたところにベレスの選手が徐々にプレッシャーをかけると、フランコ・カルデロンのパスをインターセプトしたルーカス・ハンソンがペナルティエリアに入って右足でゴールに流し込んだ。ゴールを決めたハンソンはベンチ前に駆け寄ってエインセ監督と笑顔でハイタッチを交わした。

畳みかけるようにその2分後には、左サイドをドリブルで前進したルーカス・ハンソンがペナルティエリアの手前で相手を引きつけて中央のやや後方にボールを下げると、中盤から押し上げたルーカス・ロベルトーネが右足でロングシュートを決めて 2-0 とした。スーパーゴールを決めたロベルトーネはベンチ前に駆け寄ってエインセ監督らと抱擁を交わした。

ウニオンは35分にエセキエル・ボニファシオがペナルティエリアに入ってシュートを打ったが、枠を捕らえたボールはキーパーがブロックした。

後半、攻めあぐねるウニオンに対して、ベレスは74分に自陣からのフィードでマークについたフランコ・カルデロンを腰で抑えながらボールのバウンドを利用して前を向いたマキシミリアーノ・ロメーロがファーストタッチでジョナタン・ボッティネッリも抜き去ると、ペナルティエリアの右に流れながら右足で無人のゴールに蹴り込んで勝利を決定づけた。

この結果、ベレスは3位で今シーズンを終了して、2021年のリベルタドーレス出場権を獲得。しかしベレスの首脳陣とそりが合わなかったエインセ監督は、好成績を収めながらサポーターに惜しまれつつ、この試合を最後にベレスの監督を辞任することになった。

スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2019-2020 第23節 (2020/03/08)
ウニオン 0-3 ベレス・サルスフィエール
セバスティアン・モジャーノ GK ルーカス・オジョス
ブライアン・ブラーシ
フランコ・カルデロン
ジョナタン・ボッティネッリ
フェデリコ・ミロ
DF マティアス・デ・ロス・サントス
ラウターロ・ジャネッティ
ルイス・アブラン
ハビエル・メンデス
(エマヌエル・セッチーニ)
ハリル・エリーアス
(マルティン・カニェーテ)
エセキエル・ボニファシオ
(ブライアン・アルバレス)
マルセーロ・カブレーラ
MF ティアゴ・アルマーダ
(マウロ・ピットン)
ルーカス・ロベルトーネ
トマス・ギダラー
フランシスコ・オルテガ
フランコ・トロヤンスキ
ワルテル・ボウ
FW アグスティン・ボウサ
(ルーカス・オレジャーノ)
マキシミリアーノ・ロメーロ
(トビアス・サラテ)
ルーカス・ハンソン
ゴール 21 ルーカス・ハンソン
23 ルーカス・ロベルトーネ
74 マキシミリアーノ・ロメーロ
フェデリコ・ミロ
ブライアン・ブラーシ
フランコ・カルデロン
エセキエル・ボニファシオ
イエロー
カード
フランシスコ・オルテガ
ルイス・アブラン
レオナルド・マデロン 監督 ガブリエル・エインセ
主審: セイルビオ・トルッコ
会場: エスタディオ・16・デ・アブリル (サンタフェ)
2020.03.08

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。