Selección Nacional de Uruguayウルグアイ代表

ボカ、フラメンゴ、パウメイラス、インテルナシオナウ… カバーニが南米大陸に戻る可能性は?

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに関する移籍報道のあれこれ
▲ ボケンセ(ボカ・ジュニオルスのサポーター)のクリエイターが作ったと思しきウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニにボカのユニフォームを着せたコラ画像
2020年7月にパリ・サンジェルマン(フランス)との契約が満了を迎えるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニについては、南米大陸に戻ってくるのではないかとの憶測が次々に出ている。実際のところは、どうなのか。

カバーニの獲得を検討しているとされたのは、ボカ・ジュニオルス(アルゼンチン)のほか、フラメンゴ、パウメイラス、インテルナシオナウ(以上、ブラジル)のいった名門どころ。カバーニのエージェントと務めているワルテル・グリエルモーネ氏の談話によれば、ブラジルの各チームにおいてこの話は現実的ではないようだ。

まずはパウメイラス。グリエルモーネ氏は2019年にパウメイラスを訪れて交渉に臨んだが、このとき交渉に進展はなかったという。同氏は表面的な話をして、パウメイラス側は金額に関する言及を避けて破談に至った。その後明確な交渉はないという。

フラメンゴは、ブラジルのスポーツサイト「Gazeta Esportiva」の取材に対し、2019年にカバーニへのオファーを出したとしたが、最近では目立った動きはなく、そして直近ではカバーニを獲得する意志はないとしている。フラメンゴとしては、まだ若いブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザらとの契約に関する関心が高く、カバーニの優先順位は高くないそうだ。

もうひとつ。インテルナシオナウは、エグゼクティヴディレクターであるホドリーゴ・カイターノ氏がカバーニ獲得の可能性を否定している。「我々の課題はチームの目標を尊重することであり、そこにカバーニは入っていない」との見解を示した。

以上から、フラメンゴとインテルナシオナウにカバーニを獲ろうとする意志はなく、パウメイラスも交渉がうまくいっていないとしている以上、カバーニがブラジルを次の舞台に選ぶ可能性は低いとみられる。そして先だって噂になったボカへの加入についても、ボカの幹部が否定的な見解を示していることから、その可能性は低いとみられる。

◆ エディンソン・カバーニ

本名:
エディンソン・ロベルト・カバーニ・ゴメス
生年月日:
1987年2月14日生まれ(33歳)
出身:
ウルグアイ(サルト)
身長:
185cm
ポジション:
フォワード

2000年に13歳でダヌービオの下部組織に入団して、2005年に18歳でトップチームに昇格すると、すぐに頭角を現した。2007年にパレルモ(イタリア)へ移籍してレギュラーを獲得すると、2010年にはナポリ(イタリア)へ活躍の場を映して3シーズンで104ゴールを叩き出す活躍をみせた。2013年からはパリ・サンジェルマン(フランス)の主力として長く安定した活躍をしている。ウルグアイ代表へは2007年にU-20代表に招集されたときから継続して呼ばれており、同い年のルイス・スアーレスとともに不動の2トップとして君臨し続けている。愛称は「エル・マタドール(スペイン語で闘牛)」。

2020.04.02

★カンピオナート・パウリスタの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。