CONMEBOL Libertadores 2018コンメボル・リベルタドーレス 2018

1年半前の骨折を回顧したアンドラーダ 「試合中はアゴが折れていることに気づかなかった」

アルゼンチン代表GKエステバン・アンドラーダが2018年9月のリベルタドーレスでデデと衝突してアゴを骨折した当時の心境を語る
▲ クルゼイロ戦でデデと衝突したアルゼンチン代表GKエステバン・アンドラーダは口の中が血まみれになって応急処置を受けた
ボカのゴールを守るアルゼンチン代表GKエステバン・アンドラーダが、2018年のリベルタドーレス準々決勝でアゴを骨折したときのことを回顧した。

アンドラーダは2018年9月19日に行われた「ボカ・ジュニオルス vs クルゼイロ」の試合中に、セットプレイのボールを右手でパンチングした際に元ブラジル代表DFデデと空中で衝突。デデの額がアンドラーダのアゴに入ってしまい、その場に倒れ込んだアンドラーダは口の中が血まみれになったが、応急処置を済ませてそのままタイムアップまで出場した。あれから約1年半が経ち、アンドラーダは当時の心境を次のように説明している。

「デデと衝突した後も私が試合に出続けたのは、ボケンセ(ボカ・ジュニオルスのサポーター)によって生み出されたアドレナリンのせいだった。ラ・ボンボネーラのピッチで戦っている最中は痛みを感じなくて、すべての悪いことが過ぎ去るんだ。倒れたときは唇を切っただけだと思っていた。試合後にロッカールームへ戻って鏡を見たときに、アゴを骨折しているのではないかと初めて思ったんだ。それでも幸いなことに大事に至らなかったのは、きっとボケンセの応援のおかげだと思っている」

◆ エステバン・アンドラーダ

生年月日:
1991年1月27日生まれ(29歳)
出身:
アルゼンチン(サン・マルティン)
身長:
193cm
ポジション:
ゴールキーパー

2011年にデビューしたラヌースでは当初、出場機会に恵まれなかったが、2014年に移籍したアルセナルではレギュラーを獲得。そこでの活躍が評価されて2016年に再びラヌースへ戻り、正守護神として活躍した。2018-2019シーズンからは強豪のボカ・ジュニオルスで活躍中。アルゼンチン代表。

2020.04.10

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。