Copa de la Superliga Argentina 2020コパ・デ・ラ・スーペルリーガ 2020

リーベルの関係者のフライング発言で会長が火消しに奔走 プラットとスコッコは放出要員か?

リーベル・プレートにいるアルゼンチン代表FWルーカス・プラットと元アルゼンチン代表FWイグナシオ・スコッコの去就
▲ アルゼンチン代表FWルーカス・プラット(左)と元アルゼンチン代表FWイグナシオ・スコッコ(右)
アルゼンチンの名門リーベル・プレートでは、昨年からアルゼンチン代表FWマティアス・スアーレスとコロンビア代表FWラファエル・サントス・ボレーの2トップが定番になっている。その陰では、アルゼンチン代表FWルーカス・プラットと元アルゼンチン代表FWイグナシオ・スコッコの二人がベンチを温める時間が増えていて、両者に対しては退団の噂も出ている。

イグナシオ・スコッコは今年の6月に契約満了を迎えるが、その後については現時点で不明。ルーカス・プラットは来季以降もリーベルとの契約は残っているが、プラットに去就についてリーベル・プレートのグスターボ・ゴニ氏がラジオ「La Red」で語ったコメントが物議を醸した。

「彼は自分の判断で(リーベルを)去らなければならないだろう。彼は高額契約選手だが、ここ数年で彼は途中出場が主で数分間しか出場しない状況が続いている。もし今後もその起用法で良いとのことであれば、リーベルには合わないし、クラブとしても何か対策を講じることになるだろう」

この発言を受けてリーベルのロドルフォ・ドノフリオ会長はすかさず「ゴニ個人の主観だ」と火消しに回り、「プラットに思うところがあるならば、まずはガジャルド監督と話し合いを持つだろう。ガジャルドへの相談もなしに、選手が自身の去就を明かすことはありえない」と述べた。

一方、イグナシオ・スコッコに関しては、ドノフリオ会長の主張はやや異なる。

「リーベルでは全選手とスタッフとの間にわだかまりが生じぬよう、常に話し合いを設けている。契約が切れる選手については、我々の許容範囲を超えた問題なので。その後の自分の将来を決めるのは、選手自身だ」

プラットとスコッコは来季、赤い襷のユニフォームに袖を通しているのか否か。

2020.04.25

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。