Superliga Argentina 2020-2021スーペルリーガ・アルヘンティーナ 2020-2021

アルゼンチンで30チーム制が復活? リーベルとボカの両会長が揃って「No!」を突きつける

アルゼンチンで浮上するトップリーグの30チーム制にリーベルとボカの両会長が揃って否定の声明を出す
▲ アルゼンチンの国内リーグの30チーム制復活に対して否定的な見解を示したリーベル・プレートのロドルフォ・ドノフリオ会長(左)とボカ・ジュニオルスのホルヘ・アモール・アメアル会長(右)
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響でアルゼンチンのスーペルリーガ(国内のトップリーグ)は、2020-2021シーズンを2チーム増加の26チーム制で運用することが先日発表されたばかり。この煽りで巷では30チーム制の復活を望む声も挙がっているが、そこに反対の意を示したのはリーベル・プレートのロドルフォ・ドノフリオ会長。そして、ボカ・ジュニオルスのホルヘ・アモール・アメアル会長もそれに賛同するコメントを出した。

地元ラジオのインタビューで、ボカのアメアル会長はストレートに30チーム制復活を否定した。

「私はドノフリオ会長と話し、彼は私とまったく同じ事を考えていることを確認した。今回のパンデミックを受けて30チーム制に戻すことは何の解決にもならない。そして経済面でも、20チーム制と30チーム制とで同じ効果は見込めない。サッカーはすべてのクラブチームが連帯しなければならないし、一部の権力者であれこれ決めるべきでない。ボカもリーベルも、1年中試合を開催することはできない。私は30チーム制に同意しないし、そのようなリーグは機能しない」

アメアル会長は「話したいことがある」としてリーベルのドノフリオ会長とのWEBミーティングを開いたが、他のクラブチームの会長との会談は拒否した。それでも同会長は、30チーム制による新たなトップリーグ開催に反対しているのは、ボカとリーベルだけでないと強調している。

「降格を免れたい一部のチームは30チーム制を歓迎しているようだが、私が把握している限りだとむしろ20チーム制を望む声のほうが多い。30チーム制に前向きなクラブの会長とは、今後話し合いの機会をつくって説得していきたい」
2020.04.25

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。