Notícias de Argentinaアルゼンチン関連情報

リーベルが契約を更新しないと決めた“ナチョ”スコッコの移籍先は古巣ニューウェルスが有力

リーベル・プレートが35歳の元アルゼンチン代表FWイグナシオ・スコッコの退団を発表
▲ 3年間在籍したリーベルを離れることになった元アルゼンチン代表FWイグナシオ・スコッコ (※ 写真は2020年2月2日のもの)
アルゼンチンの名門リーベル・プレートは9日、元アルゼンチン代表FWイグナシオ・スコッコとの契約を更新しないことを決定し、同選手の退団を発表した。

リーベルはクラブの声明として、次のようなメッセージを発信している。

「リーベルは、複数の戴冠に際し、“ナチョ”のプロ精神と貪欲な姿勢に対して心から感謝している。彼は人格者でもあり、ピッチ内外を問わず常にリーベルの一員として振る舞い、他の選手の良き手本でもあった」

リーベルとの契約が終了したことで、スコッコの去就については古巣ニューウェルスへの復帰が有力視されている。スコッコ自身も以前から「ニューウェルスで引退したい」と口にしていた愛するクラブチームだ。ニューウェルスは公式な発表をしていないが、2017年以来3年ぶりにニューウェルス・オールドボーイスの“ナチョ”が見られるかもしれない。

◆ イグナシオ・スコッコ

本名:
イグナシオ・マルティン・スコッコ
生年月日:
1985年5月29日生まれ(35歳)
出身:
アルゼンチン(サンタフェ州ウゲス)
身長:
177cm
ポジション:
フォワード

2004年にニューウェルス・オールドボーイスの下部組織からトップチームに昇格すると、2004−2005には19歳でレギュラーに定着。翌2005-2006シーズンには17ゴールを挙げると、2006年にはプーマスUNAM(メキシコ)に渡って活躍した。2008年にはAEKアテネ(ギリシャ)へ移籍して3シーズンに渡り安定した結果を出すと、以降、アル・アイン(UAE)、インテルナシオナウ(ブラジル)など各国を渡り歩いた。2017年に加入したリーベル・プレートでは1年目の2017-2018シーズンに22ゴールを叩き出したが、直近の2シーズンはスーパーサブのような形での出場が多く、出場機会は減っていた。元アルゼンチン代表。

2020.06.09

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。