Notícias de Argentinaアルゼンチン関連情報

ブラジルの陰に隠れた感染状況の深刻な国 コロンビアとアルゼンチンで感染者数が激増

南米大陸+メキシコ+米国におけるCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大状況とアルゼンチンの現状
▲ アルゼンチン国内で街中を殺菌消毒清掃に尽力する公務員
COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミックにおいて、中南米諸国で比較的報じられているのはブラジルだ。米国に次ぐ世界第2位の“感染大国”と化していて、国内の感染者数は261万人を突破した。だが、感染者数の増加に頭を悩ませているのはブラジルだけではない。当欄では、7月17日時点の数値と、同月31日時点の数値を比較して各国の状況を記事にする。

まずは直近2週間の変化を比較すべく、7月17日と同月31日の感染者数と死者数、回復者数の増加数を以下にまとめる。

直近2週間の新規数(左から国名、感染者数、死者数、回復者数)
  • 米国(U.S.A.) = 914,699:14,099:403,704
  • ブラジル = 597,951:14,575:527,767
  • メキシコ = 92,138:8,426:68,723
  • ペルー = 65,906:6,406:52,921
  • チリ = 29,843:2,087:34,543
  • コロンビア = 112,814:3,781:72,531
  • アルゼンチン = 70,589:1,329:31,476
  • エクアドル = 13,005:450:0
  • ボリビア = 23,016:952:6,948
  • 日本 = 11,152:22:5,365
  • ベネズエラ = 7,431:58:7,616
  • パラグアイ = 1,865:20:1,871
  • ウルグアイ = 217:17:62
※ 累計感染者数の多い順に羅列しています。

上記は、CONMEBOL(南米サッカー連盟)加盟10カ国に、米国、メキシコ、日本を加えた数値である。ツートップの米国とブラジルには言及せず、他の国にスポットを当てよう。

まず、新規感染者数でメキシコがペルーを上回った。死者数では以前からペルーよりも上だったメキシコがペルーを上回った格好だ。メキシコの新規感染者数は、直近2週間で9万人を超えている。だが、それ以上に深刻なのはコロンビア。直近2週間での新規感染者数がなんと11万人以上を記録している。ただ、回復者数は7万人以上になることを踏まえると、医療体制は深刻な事態に陥ってはいないともみてとれる。

医療体制への懸念に注目すると、直近2週間での回復者数が0のエクアドルが心配されるところ。南米大陸では感染者の増加率は低いが、感染者数と死者数は増えていて肝心の回復者数が0となると、これから先に不安だけが募る。このたびのCOVID-19に関しては、新規感染者数に一喜一憂するのでなく、回復者数との割合にも着目しておくほうが望ましいだろう。

以上を踏まえた上で、アルゼンチンに焦点を当てる。
アルゼンチンでは直近24時間で6,377人の新規感染者数が判明し、153人が新たに亡くなった。さらにAMBA(ブエノスアイレス州)における集中治療室のベッド占有率は65%を超えて、医療崩壊への懸念も高まっている。ちなみに、国全体でのベッド占有率は55.3%であることから、ブエノスアイレス州での医療体制が厳しい状況にあることがわかる。

アルゼンチン国内、とりわけ首都を含むブエノスアイレス州での感染者数の激増により、国内のクラブチームのトレーニング再開日程やスーペルリーガ(国内リーグ)の開幕についても雲行きが怪しくなったとの報道もある。アルゼンチンサッカー界は、復活に向けてどのような轍を踏むのだろうか。

コロンビアとアルゼンチン、奇しくも翌年のコパ・アメリカ開催予定である2カ国での新規感染者数の急増は、今後の南米サッカーシーンにも暗い影を落としている。
2020.07.30

★スーペルリーガ・アルヘンティーナの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。