Liga MX 2020 Apertura “Guard1anes”メキシコ1部リーグ 2020 前期

元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックのPKなどで勝ったティグレスが暫定首位に浮上

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2020 前期 第4節 ティグレスUANL 2-1 プエブラ
▲ 6分にPKを決めた元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックを抱擁で祝福するティグレスUANLのイレブン
8月11〜13日に行われたリーガMX(メキシコ1部リーグ)の2020 前期の第4節。モンテレイで行われた「ティグレスUANL×プエブラ」は、ティグレスUANLが序盤のリードを守りきって勝利を収めた。

試合は、立ち上がりから攻め込んだティグレスUANLが2分、ペナルティエリアの左端で相手を振り切ろうとしたメキシコ代表MFハビエル・アキーノが転倒すると、VARチェックをした主審はアキーノが相手につま先を踏まれたことによる転倒と確認して、ティグレスUANLにPKを与えた。このPKを元フランス代表FWアンドレ=ピエール・ジニャックが決めて、ティグレスUANLが先制した。

続けて8分には、ペナルティエリアの右端に達したコロンビア代表MFルイス・キニョーネスが左足で低いクロスを上げると、ゴールエリアへ駆け込んだチリ代表FWエドゥアルド・バルガスが右足ボレーでゴールに押し込み、ティグレスUANLがリードを広げた。

2-0 となって以降は、2点のビハインドを追いかけるプエブラのほうが攻勢に転じて、前半だけでも複数回チャンスメイクした。すると後半、コーナーキックを得たプエブラは、サンティアゴ・オルメーニョのヘディングシュートがゴールネットに突き刺さって1点を返した。

ティグレスは60分にジニャックがペナルティエリアの手前で左足を振り抜いたが、ボールはサイドネットを揺らすに留まる。78分にはロングフィードによるカウンターで相手陣内を上がったジニャックが、高くバウンドしたボールを予測して飛び出したキーパーの裏を突いてペナルティエリアに達したが、相手のマークを振り切って左足で打ったシュートは枠を捕らえられなかった。

プエブラは後半のアディショナルタイムにパオロ・ゴンサーレスがペナルティエリアの外からゴールに向かって左足を振り抜いたが、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブに遭い、最後まで追いつけなかった。

リードを守りきったティグレスUANLは、暫定首位に浮上した。

リーガ BBVA Bancomer MX (メキシコ1部リーグ) 2020 前期 第4節 (2020/08/11)
ティグレスUANL 2-1 プエブラ
ナウエル・グスマン GK ニコラス・ビコニス
ルイス・ロドリゲス
フランシスコ・メサ
カルロス・サルセード
ヘスス・ドゥエーニャス
DF ネストル・ビドリオ
(ジョージ・コラル)
マキシミリアーノ・ペル
ダニエル・アレオーラ
サルバドール・レジェス
(ベルナルド・クエスタ)
ハファエウ・カリオカ
(ホルヘ・トーレス)
ギド・ピサーロ
ルイス・キニョーネス
(ジュリアン・キニョーネス)
ハビエル・アキーノ
MF ハビエル・サラス
パブロ・ゴンサーレス
クリスティアン・タボー
(アレハンドロ・チュマセーロ)
オマール・フェルナンデス
ダニエル・アルバレス
(ブライアン・アングーロ)
エドゥアルド・バルガス
(ウーゴ・アジャラ)
アンドレ=ピエール・ジニャック
FW サンティアゴ・オルメーニョ
(PK) アンドレ=ピエール・ジニャック 06
エドゥアルド・バルガス 08
ゴール 57 サンティアゴ・オルメーニョ
カルロス・サルセード
ルイス・キニョーネス
イエロー
カード
カルロス・サルセード レッド
カード
リカルド・フェレッティ 監督 ファン・レイノーソ
主審: エリック・ヤイル・ミランダ・ガリンド
会場: エスタディオ・ウニベルシターリオ (モンテレイ)
2020.08.11

★リーガMX (メキシコ1部リーグ) 2020 前期のコンテンツページはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。