CONMEBOL Libertadores 2020コンメボル・リベルタドーレス 2020

背水の陣の名門が奮起 ペニャロールが3ゴール快勝でグループリーグ突破に望みをつなぐ

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第5節 ペニャロール 3-0 コロコロ
▲ 22分に先制ゴールを決めて吠えるガリ・カヘルマチェル
9月29日〜10月1日に各地で行われたコンメボル・リベルタドーレスのグループリーグ第5節。ウルグアイの首都モンテビデオで行われた「ペニャロール×コロコロ」は、ペニャロールが快勝した。

決勝トーナメント進出のためには勝利が最低条件のペニャロールは、立ち上がりから積極的に攻め込んだ。すると22分、コーナーキックが相手のクリアミスを誘うと、ゴールエリアに飛び込んだガリ・カヘルマチェルが左足ボレーでゴールに押し込み、先制した。対するコロコロは41分にレオナルド・バレンシアが右足で直接フリーキックを放ったが、壁を越えたボールはクロスバーを直撃。ペニャロールの1点リードで後半を迎えた。

ペニャロールは56分、右サイドで仕掛けたファクンド・ペリストリがドリブルで中央へ切れ込みながらファクンド・トーレスの足元にボールを預けると、ファクンド・トーレスはミドルレンジから左足でゴールネットに突き刺して 2-0 とした。

▲ 82分に無回転ロングシュートを決めた元ウルグアイ代表FWジョナタン・ウレタビスカヤを抱きかかえるホアキン・ピケレス(19番)
攻めあぐねるコロコロとは対照的に、優勢のペニャロールは82分に途中出場の元ウルグアイ代表FWジョナタン・ウレタビスカヤが右足で無回転のロングシュートを決めて、勝利を決定づけた。

3試合ぶりの勝利を収めたペニャロールは、グループリーグ突破に望みをつないだ。一方、敗れてグループ最下位に転落したコロコロにも、まだ決勝トーナメント進出の可能性は残っている。

コンメボル・リベルタドーレス 2020 グループリーグ 第5節 (2020/09/29)
ペニャロール
(ウルグアイ)
3-0 コロコロ
(チリ)
ケビン・ダウソン GK ミゲル・アンヘル・ピント
ジオバンニ・ゴンサーレス
ファブリシオ・フォルミリアーノ
ガリ・カヘルマチェル
ホアキン・ピケレス
DF フェリペ・カンポス
セサル・フエンテス
ファン・インサウラルデ
ロナール・デ・ラ・フエンテ
ワルテル・ガルガーノ
(アグスティン・アルバレス)
ヘスス・トリニダーデ
ファクンド・ペリストリ
(クリスティアン・ロドリゲス)
ダビ・テランス
ファクンド・トーレス
(ジョナタン・ウレタビスカヤ)
MF カルロス・カルモーナ
(オスカル・オパーソ)
ガブリエル・スアーソ
マルコス・ボラードス
(ハビエル・パラゲス)
レオナルド・バレンシア
ガブリエル・コスタ
(マティアス・フェルナンデス)
アグスティン・アルバレス・マルティネス FW エステバン・パレーデス
(エタン・エスピノーサ)
ガリ・カヘルマチェル 22
ファクンド・トーレス 56
ジョナタン・ウレタビスカヤ 82
ゴール
イエロー
カード
カルロス・カルモーナ
ロナール・デ・ラ・フエンテ
セサル・フエンテス
マルコス・ボラードス
マリオ・サラテギ 監督 グアルベルト・ハラ
主審: ファン・ガブリエル・ベニーテス (パラグアイ)
会場: エスタディオ・カンペオン・デル・シグロ (モンテビデオ)
2020.09.29

★コンメボル・リベルタドーレス2020のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2019のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2018のコンテンツはこちら。

★コンメボル・リベルタドーレス2017のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2016のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2015のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2014のコンテンツはこちら。

★コパ・リベルタドーレス2013のコンテンツはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。