Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

VARチェックで与えられたPKをネネが決める 勝ったフルミネンセは連勝で5位に浮上

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第15節 フルミネンセ 1-0 バイーア
▲ 71分にPKを決めた元U-23ブラジル代表MFネネ(左)は元ブラジル代表FWフレッジと肩を組んで喜ぶ
10月10〜11日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第15節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フルミネンセ×バイーア」は、元U-23ブラジル代表MFネネのPKでフルミネンセが接戦を制した。

フルミネンセは開始2分にU-23ペルー代表FWフェルナンド・パチェーコが右足でロングシュートを打ったが、低く抑えたボールは枠を逸れる。対するバイーアは、27分にジウベルトが右足でロングシュートを打ったが、こちらも枠を捕らえられず。フルミネンセは28分にネネがペナルティアークで左足のボレーシュートを打つも、枠を捕らえたボールはキーパーがファインセーブでゴールを守った。

後半、フルミネンセは51分にフェルナンド・パチェーコがカウンターからペナルティエリアの手前で右足を振り抜いたが、シュートはファーサイドのポストを直撃。それでもなお攻撃的に試合を進めて主導権を握っていたフルミネンセは、68分にスルーパスでボールを追いかけたネネがペナルティエリアで背後からグレゴーリによって押し倒された。主審は一旦流したが、VARからの無線連絡を受けて映像確認をすると、グレゴーリのファウルとジャッジしてフルミネンセにPKを与えた。このPKをネネが決めて、フルミネンセが先制した。

バイーアは72分にサウダーニャが左からのクロスに頭で合わせたが、シュートは枠を捕らえられず。その後、交代枠を使い切ったが、バイーアは最後までゴールを奪えなかった。

連勝したフルミネンセは、パウメイラスを抜いて5位に浮上。敗れたバイーアは、降格圏(17位以下)が目前に迫ってきた。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第15節 (2020/10/11)
フルミネンセ 1-0 バイーア
ムリエウ GK ドウグラス・フレイドリッチ
イゴール・ジュリアン
ニノ
ジゴン
ダニーロ・バルセロス
DF エルナンド
(ニノ・パライーバ)
ルーカス・フォンセカ
ジュニーニョ
ジュニーニョ・カピシャーバ
ウジソン
ドジ
イアゴ・フェリッピ
(ルッカス・クラーロ)
ネネ
(ルイス・エンリーキ)
フェルナンド・パチェーコ
(カイオ・パウリスタ)
MF グレゴーリ
エリーアス
ダニエウ
(マルコ・アントニオ)
フレッジ
(フェリッピ・カルドーゾ)
FW ホッシ
(フェシン)
ジウベルト
(サウダーニャ)
クレイソン
(エウベル)
(PK) ネネ 71 ゴール
ジゴン
ダニーロ・バルセロス
イエロー
カード
ルーカス・フォンセカ
ダニエウ
マルコ・アントニオ
オダイール・エウマン 監督 マノ・メネーゼス
主審: ジョゼ・メンドンサ・ダ・シウバ・ジュニオール
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.10.11

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。