Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

マリーニョのPK2発で競り勝ったサントスが6位に浮上 敗れたグレミオは13位に後退

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第15節 サントス 2-1 グレミオ
▲ PKを決めたマリーニョ(中央)とともに喜ぶサントスのイレブン
10月10〜11日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第15節。サンパウロ州のサントスで行われた「サントス×グレミオ」は、マリーニョの2ゴールでサントスが競り勝った。

サントスは13分にカイオ・ジョルジがペナルティアークから右足でゴールを狙うと、17分に縦パスでペナルティエリアへ上がったカイオ・ジョルジのクロスがパウロ・ミランダの左手に当たってPKを獲得。このPKをマリーニョが決めて、サントスが先制した。

その後、30分頃からは互いに決定機を演出。しかし双方の守護神がファインセーブを連発して、前半は 1-0 で終わった。

後半、サントスは50分にマリーニョが左からの折り返しに左足で合わせたが、シュートはポストを直撃。対するグレミオは、72分に左サイドでパスを受けたペペがペナルティエリアに入って中央へボールを流すと、ジエゴ・ソウザが右足でゴールに流し込んで 1-1 とした。

だがサントスはすぐに勝ち越す。75分にジエゴ・ピトゥーカのスルーパスでペナルティエリアの左側を上がったアルトゥール・ゴメスがボールを折り返すと、ゴールエリアに飛び込んだマリーニョが背後からデイビッジ・ブラスに足を掛けられて転倒。主審はVARチェックを経てデイビッジ・ブラスのファウルを取り、サントスにPKを与えた。このPKをマリーニョが決めて、サントスが再びリードを得た。

グレミオは96分にマイコンがペナルティアークの手前から右足でミドルシュートを打ったが、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブに遭う。すると直後の97分には、コーナーフラッグ付近で時間稼ぎをしたマリーニョの足を背後から削ったデイビッジ・ブラスに2枚目のイエローカードが出されて、敗北が決定的になった。

勝ったサントスは6位に浮上した一方、グレミオは13位に後退している。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第15節 (2020/10/11)
サントス 2-1 グレミオ
ジョアン・パウロ GK バンデルレイ
パラ
ルーカス・ベリッシモ
ルアン・ペレス
フェリッピ・ジョナタン
(ラエルシオ)
DF ルイス・マヌエル・オレフエーラ
パウロ・ミランダ
(ホドリゲス)
デイビッジ・ブラス
ブルーノ・コルテス
(ジオゴ・バルボーザ)
ジョビソン
ジエゴ・ピトゥーカ
ジェアン・モッタ
(マジソン)
MF ルーカス・シウバ
(マイコン)
タシアーノ
ホビーニョ
(イザーキ)
マリーニョ
カイオ・ジョルジ
(ルーカス・ロウレンソ)
アルトゥール・ゴメス
FW ルイス・フェルナンド
ジエゴ・ソウザ
(エベルトン)
ペペ
(PK) マリーニョ 19
(PK) マリーニョ 78
ゴール 72 ジエゴ・ソウザ
ジョビソン
マリーニョ
イエロー
カード
ホビーニョ
デイビッジ・ブラス
ホドリゲス
レッド
カード
デイビッジ・ブラス
クッカ 監督 ヘナット・ガウーショ
主審: ブラウリオ・ダ・シウバ・マシャード
会場: エスタジオ・ビラ・ベウミーロ (サントス)
2020.10.11

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。