Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

畳みかけて4ゴール “ガビゴウ”のPK2本などで快勝したフラメンゴが3位をキープ

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第25節 フラメンゴ 4-1 サントス
▲ PKで2ゴールを決めた“ガビゴウ”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ。最近髪型をドレッドヘアに変えた
12月12〜13日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第25節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「フラメンゴ×サントス」は、ブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザの2ゴールなどでフラメンゴが快勝した。

序盤から互いにチャンスメイクした前半は、フラメンゴが41分に先制。コーナーキックをウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエータが拾ってゴール前に蹴り戻すと、ブラジル代表DFホドリーゴ・カイオが頭で折り返してナタンがヘディングシュート。クロスバーを直撃して跳ね返ったボールを、最後はブラジル代表MFジェルソンがヘディングでゴールに押し込んだ。

後半、フラメンゴは立ち上がりにブルーノ・エンリーキが左からボールを折り返すと、ジョルジアン・デ・アラスカエータがルーズボールに反応したところで背後からアレックスにユニフォームを引っ張られて転倒。アレックスのファウルを見逃さなかった主審はペナルティマークを指さし、このPKを“ガビゴウ”ことガブリエウ・バルボーザが決めて 2-0 とした。

▲ 57分にゴールを決めたブラジル代表DFフィリッピ・ルイス(右)の首を軽く絞める振りで祝福するブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ(9番)
フラメンゴの猛攻は止まらず、57分にはコーナーフラッグ付近でボールをキープしたアラスカエータがブルーノ・エンリーキにボールを預けると、フェイントを交えたドリブルでパスコースを作ったブルーノ・エンリーキはグラウンダーのクロスを供給。キーパーが弾いたこぼれ球をブラジル代表DFフィリッピ・ルイスが拾って、利き足でない右足でゴールに流し込み 3-0 とした。

67分にはペドロのスルーパスでペナルティエリアへ上がったブラジル代表MFエベルトン・ヒベイロが、キーパーと交錯して転倒してPKを獲得。このPKをガブリエウ・バルボーザが決めて、4-0 とした。

サントスは74分にマジソンのクロスにブルニーニョが頭で合わせて1点を返したが、フラメンゴは83分にカウンターから途中出場のペペがクロスバー直撃のシュートを打つなど、主導権は最後までフラメンゴにあった。

快勝したフラメンゴは3位をキープした一方、サントスは8位のまま。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第25節 (2020/12/13)
フラメンゴ 4-1 サントス
ジエゴ・アウベス GK ジョアン・パウロ
マウリシオ・イスラ
ホドリーゴ・カイオ
ナタン
フィリッピ・ルイス
DF マジソン
ルイス・フェリッピ
アレックス
ワギネル・レオナルド
(アンジェロ)
ゴメス
ジェルソン
(ペドロ)
エベルトン・ヒベイロ
(ペドロ・ホッシャ)
ジョルジアン・デ・アラスカエータ
(ビチーニョ)
MF アリソン
(ブルニーニョ)
サンドリ
ジェアン・モッタ
(ルーカス・ロウレンソ)
ブルーノ・エンリーキ
(ペペ)
ガブリエウ・バルボーザ
(ミシャエウ)
FW タイウソン
(フェリッピ・ジョナタン)
マルコス・レオナルド
(ギリェルミ・ヌーニス)
ルーカス・ブラーガ
ジェルソン 41
(PK) ガブリエウ・バルボーザ 49
フィリッピ・ルイス 57
(PK) ガブリエウ・バルボーザ 70
ゴール 74 ブルニーニョ
ゴメス
フィリッピ・ルイス
イエロー
カード
マルコス・レオナルド
ホジェーリオ・セニ 監督 クッカ
主審: パウロ・ホベルト・アウベス・ジュニオール
会場: エスタジオ・ド・マラカナン (リオ・デ・ジャネイロ)
2020.12.13

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。