CONMEBOL Sudamericana 2020コンメボル・スダメリカーナ 2020

キックオフの数時間前に延期が決定 デフェンサ・イ・フスティシアの選手3人からCOVID-19の陽性反応

コンメボル・スダメリカーナの準決勝 1st.Leg「コキンボ・ウニード vs デフェンサ・イ・フスティシア」の延期が発表される
▲ 7日の昼間にスタジアムに到着していたコキンボ・ウニードの選手団
1月7日にチリの首都サンティアゴで行われる予定だったコンメボル・スダメリカーナの準決勝 1st.Leg 「コキンボ・ウニード×デフェンサ・イ・フスティシア」は、キックオフの数時間前に延期が発表された。デフェンサ・イ・フスティシアの選手3人から、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の陽性反応が出たためとしている。

現地報道によると、デフェンサ・イ・フスティシアの選手団は1月4日の深夜にサンティアゴに到着。クラブの発表では、選手団56人全員が搭乗前には陰性だったが、チリに入国してから改めて実施されたPCR検査で、ワシントン・カマーチョ、フランシスコ・ピッシーニ、ラファエル・デルガードの3人から陽性反応が確認されたという。南米大陸ではチリとウルグアイの二カ国が、外国からの選手団に対して厳正な感染症検査を行っていて、今回はチリ当局の対応が試合の順延に至った。ワシントン・カマーチョは昨年9月末にも陽性反応が出ていて、その後回復したが再感染したとみられる。

この試合は本来、チリ北部のコキンボで行われるはずだったが、デフェンサ・イ・フスティシアの移動過程を鑑みて首都サンティアゴに変更されていた。しかし、サンティアゴでの開催も叶わなくなったことから、主催のCONMEBOL(南米サッカー連盟)はこの試合の開催地をパラグアイの首都アスンシオンに変更して、次週12日に開催することを決めた。これにより、14日に開催予定だった 2nd.Leg の日程も再調整されることになった。

コンメボル・スダメリカーナ 2020 準決勝 1st.Leg (2021/01/07)
コキンボ・ウニード
(チリ)
延期 デフェンサ・イ・フスティシア
(アルゼンチン)
2021.01.07

★コンメボル・スダメリカーナ 2021 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2020 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2019 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2018 の試合結果などはこちら。

★コンメボル・スダメリカーナ 2017 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2016 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2015 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2014 の試合結果などはこちら。

★コパ・スダメリカーナ 2013 の試合結果などはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。