Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

“ピカチュウ”のPKなどでバスコが快勝 ボタフォゴは3連敗でセリエA残留が厳しい状況に

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第29節 バスコ・ダ・ガマ 3-0 ボタフォゴ
▲ 76分にゴールを決めたアンドレイ(中央)とともに喜ぶバスコのイレブン
1月9〜11日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第29節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われたクラシコ「バスコ・ダ・ガマ×ボタフォゴ」は、バスコが快勝した。

バスコは6分にキーパーのパントキックを相手陣内でタリス・マギノがトラップし、元U-20アルゼンチン代表FWヘルマン・カノにボールを預けると、カノはペナルティアークの手前からポストをかすめるミドルシュートを打って、攻撃の口火を切った。すると21分、左サイドからエンリーキが上げたアーリークロスに、タリス・マギノが頭で合わせて先制した。

バスコは27分にもゴールまであと意歩のところまで攻め込むなど、追加点を前半のうちに奪えないまでも厚い攻撃でボタフォゴを圧倒した。

エンドの替わった後半、ボタフォゴは開始からブルーノ・ナザーリオと元コートジボワール代表FWサロモン・カルーを投入し、さらには元ブラジル代表MFシッセロや21歳のペルー人FWアレハンデル・レカロスも投入したが、同点ゴールを奪えない。

▲ 95分にPKを決めたイアゴ・ピカシュウ(左)は、2点目を決めたアンドレイと笑顔で駆け出す
一方のバスコは76分、前線でブルーノ・ゴメス、タリス・マギノ、カイオ・ロペスとつないだボールを最後はアンドレイが右足でゴールに流し込んで 2-0 とした。

ボタフォゴは81分、24歳のウルグアイ人DFフェデリコ・バランデグイが上げたアーリークロスにペドロ・ハウーが頭で合わせたが、ヘディングシュートはキーパーにキャッチされる。対するバスコは後半のアディショナルタイムにも守りに入らず攻め込むと、94分にペナルティエリアでイアゴ・ピカシュウが倒されてPKを獲得。このPKをイアゴ・ピカシュウが自ら決めて、勝利を確実にした。

勝ったバスコは残留に向けて前進する勝ち点3を得て、15位に浮上。ボタフォゴは3連敗で19位に低迷していて、残留のボーダーラインである16位との勝ち点差が9に開いた。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第29節 (2021/01/10)
バスコ・ダ・ガマ 3-0 ボタフォゴ
フェルナンド・ミゲウ GK ジエゴ・カバリエーリ
カヨ・テノーリオ
(ジャジソン)
ウェルレイ
レアンドロ・カスタン
エンリーキ
DF ケビン
(フェデリコ・バランデグイ)
デイビッジ・ソウザ
カヌ
ビクトル・ルイス
ブルーノ・ゴメス
(マルコス・ジュニオール)
レオナルド・ヒル
(カイオ・ロペス)
ジュニーニョ
(アンドレイ)
MF ジョゼ・ウェリソン
ホミウド
(シッセロ)
ケウビン
(アレハンデル・レカロス)
イアゴ・ピカシュウ
ヘルマン・カノ
タリス・マギノ
(ガブリエウ・ペキ)
FW フアン
(サロモン・カルー)
ペドロ・ハウー
ワルレイ
(ブルーノ・ナザーリオ)
タリス・マギノ 21
アンドレイ 76
(PK) イアゴ・ピカシュウ 90+5
ゴール
イアゴ・ピカシュウ イエロー
カード
バンデルレイ・ルシェンブルゴ 監督 エドゥアルド・バホーカ
主審: ハファエウ・クラウス
会場: エスタジオ・サン・ジャヌアーリオ (リオ・デ・ジャネイロ)
2021.01.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。