Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

下位チームの中では勢いがあるゴイアス ホームでアトレチコを破って降格圏脱出まで勝ち点3差

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第34節 ゴイアス 1-0 アトレチコ・ミネイロ
▲ 27分に先制ゴールを決めて駆け出すインジオ(右)
2月3〜5日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第34節。ゴイアス州の州都ゴイアニアで行われた「ゴイアス×アトレチコ・ミネイロ」は、ゴイアスが接戦を制した。

8分にギリェルミ・アラーナのシュートで攻撃の口火を切ったアトレチコ・ミネイロは、11分に左サイドに開いたチリ代表FWエドゥアルド・バルガスが最終ラインの裏へ低いクロスを上げて、ファーサイドからゴールエリアへ駆け込んだベネズエラ代表FWジェフェルソン・サバリーノが右足で合わせてゴールに沈めた。だがサバリーノのオフサイドにより、ゴールは取り消された。さらに21分にはアランが右足でミドルシュートを打ったが、枠を捕らえたボールはキーパーが両手で弾き出した。

ピンチをしのいだゴイアスは27分、左サイドのスローインでエンドライン付近まで上がったダニエウ・ジ・パウリがクロスを上げると、ペナルティエリアの中央で待ち構えていたインジオがヘディングでゴールに沈めて先制した。

後半、アトレチコ・ミネイロは55分にスルーパスでペナルティエリアまでボールを運ぶと、まずはジャイルが頭で合わせたがボールはポストを直撃。セカンドボールにエクアドル代表MFアラン・フランコが反応したが、右足で打ったシュートはクロスバーを直撃して同点にできない。62分にはジャイルがペナルティエリアでボレーシュートを披露するも、ボールはキーパーがキャッチ。72分にはイオハンのフィードにジャイルがペナルティエリアで飛び上がってボールに触れたが、枠を捕らえたボールはキーパーのファインセーブに遭った。

シーズンの中盤までは低迷していたゴイアスだったが、直近の10試合で粘り強く戦って勝ち点を積み上げている。この日勝ったことで降格圏脱出まで勝ち点3差としたのは収穫であり、残り4試合で奇跡の残留なるか。一方、格下に敗れたアトレチコ・ミネイロは優勝が一歩遠のく痛恨の結果となった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第34節 (2021/02/03)
ゴイアス 1-0 アトレチコ・ミネイロ
マルセーロ・ハンジェウ GK エベルソン
デイビッジ・ドゥアルチ
ファービオ・サンシース
エロン
DF ガブリエウ
(ジャイル)
ヘーベル
ジュニオール・アロンソ
ダニエウ・ジ・パウリ
(タイロン)
エンリーキ・ロルデーロ
ミゲル・フィゲイラ
(ハチーニョ)
インジオ
(ドウグラス・バッジョ)
シャイロン
(イアゴ・メンドンサ)
ジェフェルソン
MF アラン
(ナタン)
アラン・フランコ
(マリアーノ)
ギリェルミ・アラーナ
イオハン
フェルナンドン
(ハファエウ・モウラ)
FW ジェフェルソン・サバリーノ
エドゥアルド・バルガス
(ジエゴ・タルデッリ)
エドゥアルド・サッシャ
(マホーニ)
インジオ 27 ゴール
インジオ
エロン
タデウ
イエロー
カード
アラン
マリアーノ
ジャイル
グラウベル・ハモス 監督 ホルヘ・サンパオリ
主審: 
会場: エスタジオ・ダ・セヒーニャ (ゴイアニア)
2021.02.03

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。