Campeonato Brasileiro Serie A 2020ブラジル全国選手権 1部 2020

昨年11月22日以来久々に負けたインテルナシオナウ 首位は堅守も2位との勝ち点差は1に切迫

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第35節 インテルナシオナウ 1-2 スポルチ
▲ 37分にゴールを決めたマルコン・シウバを祝福するスポルチのイレブン
2月6〜8日、10日に各地で行われたカンピオナート・ブラジレイロの第35節。リオ・グランジ・ド・スウ州の州都ポルト・アレグレで行われた「インテルナシオナウ×スポルチ」は、スポルチが接戦を制した。

インテルナシオナウは序盤に何度か決定機を演出したが、ゴールを奪えず。すると25分、カウンターを止めようとしたウエンデウがマルキーニョスの肩を掴んで制止したことが相手の決定的チャンスを妨害したとして一発レッドで退場処分となってしまい、数的不利に陥った。これが両者の命運を大きく左右することになった。

先制したのはスポルチで、37分にインターセプトからカウンターに持ち込むと、マルコン・シウバがペナルティアークから左足でゴールへ流し込んで先制した。

だがインテルナシオナウは、直後の40分にパトリッキがペナルティエリアで左足を振り抜き同点とした。

決勝点は前半のアディショナルタイムに訪れた。右サイドからのクロスを拾ったジュニオール・タバーレスがダウベルトにボールを預けると、ダウベルトは左足のダイレクトシュートでゴールネットを揺らして勝ち越しに成功した。

優勝のために勝ち点が欲しいインテルナシオナウだったが、この試合では追加点を奪えなかった。

勝ったスポルチは勝ち点を41に伸ばし、降格圏との勝ち点差を4に広げて残留に向けて大きく前進。一方、第22節(フルミネンセ戦)以来久々に負けたインテルナシオナウは首位を堅守しているものの、2位フラメンゴとの勝ち点差は1に縮まった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2020 第35節 (2021/02/10)
インテルナシオナウ 1-2 スポルチ
マルセーロ・ロンバ GK ルアン・ポウリ
ホジネイ
ルーカス・ヒベイロ
ビクトル・クエスタ
ウエンデウ
DF パトリッキ
イアゴ・マイダーナ
アドリエウソン
ハファエウ・チエーリ
ジュニオール・タバーレス
(エルナーニ)
ホドリーゴ・ドウラード
(ノナート)
エデニウソン
プラシェジス
(レオナルド・ボルジス)
カイオ
(アベル・エルナンデス)
パトリッキ
(ペギロウ)
MF マルコン・シウバ
ベチーニョ
(ホナウド・エンリーキ)
チアゴ・ネービス
(エウェルトン)
マルキーニョス
(サンデル)
イウリ・アウベルト FW ダウベルト
(ルシアーノ・ジューバ)
パトリッキ 40 ゴール 37 マルコン・シウバ
45+4 ダウベルト
パトリッキ イエロー
カード
マルキーニョス
パトリッキ
ルアン・ポウリ
ウエンデウ レッド
カード
アベウ・ブラーガ 監督 ジャイル・ベントゥーラ
主審: ホドウフォ・トスキ・マルケス
会場: エスタジオ・ベイラ・リオ (ポルト・アレグレ)
2021.02.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。