Campeonato Carioca リオ・デ・ジャネイロ州選手権

元鹿島監督に導かれて… ボタフォゴがグアナバーラ杯優勝

リオ・デ・ジャネイロ州選手権 前期グアナバーラ杯 決勝 バスコ・ダ・ガマ 0-1 ボタフォゴ
▲ ボタフォゴを優勝に導き、選手から胴上げをされるオズワウド・ジ・オリベイラ監督
3月10日に行われたリオ・デ・ジャネイロ州選手権の前期グアナバーラ杯決勝。エスタジオ・ド・エンジェニョンで行われたクラシコ「バスコ・ダ・ガマ×ボタフォゴ」は、終盤に先制したボタフォゴが接戦を制して、前期グアナバーラ杯のチャンピオンに輝いた。

バスコ・ダ・ガマは前半8分に決定的なチャンスを演出した。ペドロ・ケンのパスをペナルティエリアの右側で受けたエーデル・ルイスが体を一回転させてゴール前にスルーパスを供給。左サイドでフリーになっていたカルロス・アウベルトが慎重に左足のインサイドで合わせたが、シュートはゴールマウスには飛ばずサイドネットを揺らすに留まった。

▲ 79分に決勝の先制ゴールを決めたルーカスを囲んで喜びを爆発させるボタフォゴの選手たち
後半はボタフォゴがボールを支配して、ピッチを広く使った攻撃を展開。何度もバスコのゴールを脅かしたが、GKアレッサンドロの好守に阻まれる。対するバスコは75分に味方のクロスにカルロス・アウベルトがジャンピングボレーで合わせるも、GKジェフェルソンがパンチングでゴールを死守した。

スコアボードが動かず迎えた79分、左サイドに開いたクラレンス・セードルフを起点とする攻撃から、ボタフォゴが均衡を破った。
ボールをキープして相手をひきつけたセードルフは、ヒールキックでジュリオ・セーザルにパス。ジュリオ・セーザルのクロスが逆サイドに流れると、これをトラップしたボリーバがシュートを打つ振りをして後方にパスを出した。このボールをルーカスがゴールマウスのニアに沈めて、ボタフォゴが先制。右足のインサイドで狙いすまして蹴った、丁寧なシュートだった。

▲ 試合後、先制点を決めたルーカスはサポーターに祝福されて笑顔をみせた
そしてこのゴールが決勝点となり、ボタフォゴが前期グアナバーラ杯の王座に君臨。かつて鹿島アントラーズを牽引したオズワウド・ジ・オリベイラ氏は、ボタフォゴの監督として2度目のタイトルを獲得した。(1度目は昨年の州選手権後期リオ杯優勝)

敗れたバスコは後半、カルロス・アウベルトとベルナルドの両者がピッチ上で怒鳴り合う“仲違い”が発生。決勝の舞台におけるチームの「和」も、この結果を誘発したといえるのかもしれない。

リオ・デ・ジャネイロ州選手権 前期グアナバーラ杯 決勝 (2013/03/10)
バスコ・ダ・ガマ 0-1 ボタフォゴ
アレッサンドロ GK ジェフェルソン
ネイ
ヘナット・シウバ
デデ
チアゴ・フェウトリ
(フェリッピ・バストス)
DF ルーカス
ボリーバ
ドリア
ジュリオ・セーザル
アブーダ
ウェンデウ
(ダキソン)
ペドロ・ケン
ベルナルド
(ホマーリオ)
カルロス・アウベルト
MF マルセーロ・マットス
(ビチーニョ)
ガブリエウ
フェリッピ・ガブリエウ
クラレンス・セードルフ
ロデイロ
(アンドレ・バイーア)
エーデル・ルイス FW ハファエウ・マルケス
(ブルーノ・メンデス)
ゴール 79 ルーカス
デデ
チアゴ・フェウトリ
アブーダ
ウェンデウ
カルロス・アウベルト
エーデル・ルイス
イエロー
カード
マルセーロ・マットス
クラレンス・セードルフ
ガウーショ 監督 オズワウド・ジ・オリベイラ
主審: ワギネル・ド・ナシメント・マガリャイス
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2013.03.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。