Campeonato Baiano バイーア州選手権

“メッシのいとこ”が揃い踏み ビアンクッチ兄弟がバイーアに移籍

サウバドールの名門バイーアがマキシミリアーノ&エマヌエルのビアンクッチ兄弟の獲得を発表
▲ メッシとは1歳違いのエマヌエル・ビアンクッチ
サウバドールの名門バイーアが新戦力の獲得を発表。世界トップクラスの選手であるリオネル・メッシと血縁関係にあるビアンクッチ兄弟を揃って獲得したことを明らかにした。

兄であるマキシミリアーノ・ビアンクッチは1984年生まれの29歳で、ポジションはフォワード。アルゼンチンはロサリオの出身だが、首都ブエノスアイレスの名門サン・ロレンソのユースに入団してスキルを磨いた。2001年にトップリーグに昇格すると、2002年からは5年間パラグアイのクラブチームを渡り歩いた。2007年にフラメンゴへ移籍したが、2010年からはメキシコのクルス・アスルでプレイ。そして昨年はビットーリアで活躍した。これまで所属したクラブチームはアルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、メキシコの4ヵ国で、欧州に渡った経験はない。
165cmとメッシよりも4cm背が低いが、スピードとボールコントロールに優れており昨年のビットーリアではゴールを量産した。

一方、マキシミリアーノより4歳若い弟のエマヌエル・ビアンクッチは1988年生まれの25歳で、ポジションは中盤。ユース時代は地元の名門ニューウェルスにいたが、トップリーグのデビューはブンデスリーガ。以降、スペインを経て2013年にパラグアイの強豪オリンピアに移籍した。

▲ 2013年はビットーリアでゴールを量産したマキシミリアーノ・ビアンクッチ
兄のマキシミリアーノ・ビアンクッチが昨年まで所属していたチームは、バイーアのライバルにあたるビットーリアで、ビットーリア在籍中は宿敵バイーアを批評するツイートを twitter で展開していた。ところが昨年末にビットーリアとの間で契約更新がなされないことが決まった頃から、ビアンクッチのアカウントからバイーアへの批評ツイートがぱったりと止んだことから、メディアの間でバイーアとの交渉が進んでいるのではないかとの憶測が流れていた。同時期には、日本の鹿島アントラーズもマキシミリアーノにオファーを出したとの情報も飛び交ったが、同選手のJリーグ行きは幻と消えた。
ビットーリアのサポーターは同選手の移籍に否定的で「よりによってなぜバイーアなんかに移籍したのか」という憤りも少なからずあるという。

兄マキシミリアーノは3年契約で、弟エマヌエルは1年契約であるため、短くとも2014年の1年間はビアンクッチ兄弟が同じクラブチームでプレイすることとなった。
バイーアはビアンクッチ兄弟以外にも、フラメンゴからハフィーニャ、フルミネンセからハイネルなどを獲得。攻撃力が昨年より上がっているのは明らかで、この補強が成績に結びつくか否かが注目されている。

2014.01.10

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。