Campeonato Brasileiro Serie A ブラジル全国選手権 1部

接戦を制したボタフォゴが6位に浮上 首位コリンチャンスは2位との勝ち点差が6に縮まる

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第30節 ボタフォゴ 2-1 コリンチャンス
▲ 53分に先制のゴールを決めたブレーネル
10月21〜23日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ 2017 の第30節。リオ・デ・ジャネイロ州の州都リオ・デ・ジャネイロで行われた「ボタフォゴ×コリンチャンス」は、ボタフォゴが首位コリンチャンスを撃破した。

15分にマルキーニョス・ガブリエウがクロスバーを叩くミドルシュートを放って攻撃の口火を切ったコリンチャンスに対し、ボタフォゴは25分にロングフィードから相手ゴールに迫ったが、どちらもゴールネットを揺らせず。前半は得点がなく、スコアレスで後半を迎えた。

先制したのはボタフォゴで、53分にコーナーキックがファーサイドへ流れそうになったところをブレーネルが右足を高く伸ばしてボールに触り、ゴールに押し込んだ。

▲ 判定を巡って第4審判に抗議する元ブラジル代表FWジョ(左)
だがコリンチャンスは先制を許した6分後、マイコン、ギリェルミ・アラーナとつないだボールがペナルティエリアでジョの足元に渡ると、ジョは左足で相手の股間を抜くシュートをゴール左隅に蹴り込んで同点とした。

追いつかれても試合の流れを相手に譲らなかったボタフォゴは、勝ち越しを目指して攻撃的な試合運びに徹した。すると75分、右からのコーナーキックをイゴール・ハベーロがヘディングでゴールに沈めて、これが決勝点となりボタフォゴが接戦を制した。

ボタフォゴは6位に浮上した一方、負けたコリンチャンスは2位パウメイラスとの勝ち点差が6に縮まった。

カンピオナート・ブラジレイロ 2017 第30節 (2017/10/23)
ボタフォゴ 2-1 コリンチャンス
ロベルト・フェルナンデス GK カッシオ
アルナウド
ジョエウ・カルリ
イゴール・ハベーロ
ビクトル・ルイス
DF ファギネル
ファビアン・バルブエーナ
ペドロ・エンリーキ
ギリェルミ・アラーナ
ブルーノ・シウバ
ホドリーゴ・リンドーゾ
マルコス・ビニシウス
(レオナルド・バレンシア)
ジョアン・パウロ
MF ガブリエウ
(クレイソン)
マイコン
ジャジソン
(アンヘル・ロメーロ)
ホドリギーニョ
マルキーニョス・ガブリエウ
(カジン)
ホドリーゴ・ピンポン
(ギリェルミ)
ブレーネル
(ジウソン)
FW ジョ
ブレーネル 53
イゴール・ハベーロ 75
ゴール 59 ジョ
マルコス・ビニシウス
ホドリーゴ・ピンポン
ホドリーゴ・リンドーゾ
イエロー
カード
ジョ
ガブリエウ
ジャイル・ベントゥーラ 監督 ファービオ・カリーリ
主審: ホドリーゴ・バチスタ・ハポーゾ
会場: エスタジオ・ド・エンジェニョン (リオ・デ・ジャネイロ)
2017.10.23

★カンピオナート・ブラジレイロの試合結果、順位表、得点ランキングなどはこちら。

サッカーを愛するすべての人へ!世界の試合速報をリアルタイムに発信中。
Flashscore.co.jp
▼ 最新ニューストピックス
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。
Cartao Amarelo の管理人が作ったLINEスタンプ「馬〜くん」販売中! LINEをご利用の皆様は是非ご購入ください。

twitter  公式アカウント (@amarelo2004)

お問い合わせ

サイトに関するお問い合わせはこちらからお願いします。